エムトレ仮想通貨・株式・FX・オプションの最新業界情報メディア

広告掲載ご希望の方はコチラ

【SBI FXトレード株式会社】帝塚山大学と金融リテラシー教育の推進に向けて、産学連携協定を締結

【注目】ビッグデータ×AIで急騰銘柄を予想、投資助言業者の公式サービス「ara」

SBIリクイディティ・マーケットSBI FXトレード【関東財務局長(金商)第2635号】は、帝塚山大学との間で、金融リテラシー教育の推進を目的とした産学連携協定を締結する。

SBIリクイディティ・マーケットとSBI FXトレードの両社は、「実学の帝塚山大学」を標榜する帝塚山大学の理念に賛同し、実際のFX取引を通じて実学的で先進的な金融リテラシー教育プログラムへの協力を行うことで、将来の経済を担う若い世代の金融知識の向上に貢献するというものである。

具体的には、SBIリクイディティ・マーケットとSBI FXトレードとの連携のもと、実際のFX取引を通じて、金融知識を身につけ、金融経済事情の理解を深めることをねらいとした「経済学と金融教育」という授業を、2019年4月から開講する。大学業界では初の取組みとなり、新たな金融リテラシー教育の構築に取り組んでいく。

連携協定のポイント
1.学生は、実際のFX取引を通じて金融商品の性質を学び、金融リテラシーの向上や金融行動の改善を目指す。と同時に、市場の仕組みや、政治と経済の関係性などへ関心を高め、実態がつかみづらいお金の流れなどへの理解を深める。
2.SBIより担当者が出講。専門家から業界の実情を学ぶことによって、学生のキャリア意識を育成する。
3.授業では、SBI FXトレードが提供する取引環境を利用する。大学と学生には取引の損得は発生しない環境のもとで、実際の取引を体験する。
4.学生はSBI FXトレードが提供する取引ツールなどの使用感のフィードバックを行い、SBI FXトレードのサービス改善に役立てる。

詳細は、帝塚山大学のプレスリリースを参照。

なお、連携協定の調印式は、2019年1月31日(木)12時45分から、帝塚山大学奈良・東生駒キャンパスで締結式が行われる。協定書締結式の当日は、記者発表を行い、出席した記者へ向けて、三者の連携事業でもある「経済学と金融教育」の公開授業を行うことにしている。

<辻 秀雄>

この記事に関連するキーワード

関連する記事

ara

おすすめの記事

人気ランキング

  • 人気おすすめキーワード

  • エムトレ無料メルマガ会員募集中!
    エムトレ無料メルマガ会員募集中!

    仮想通貨情報続々配信中!
    メルマガでしか読めない限定情報も!

    無料メルマガ登録はコチラ