FX・仮想通貨・先物の最新業界情報メディア

Menu

【ADMIRAL INVESTORS】リスクオフポジションの巻き戻しが継続。

提供:ADMIRAL INVESTORS


本日の日経平均株価終値

前日比230円85銭高 1万9776円62銭となりました。

その他の指数

TOPIX      1627.45 前日比+15.19
東証2部指数    6663.19 前日比+62.30
東証マザーズ   1051.43 前日比+21.28
東証ジャスダック 3460.04 前日比+38.14

日経平均株価は大幅続伸となりました。本日の日経平均は朝方から大きくギャップアップでスタート、1万9700円台を回復した後もジリジリと大引けまで買われる展開となりましたが、日中の値幅は限定的。リスクオフのポジションが巻き戻された他、金利の上昇を受け、保険や銀行、金融も買われました。北朝鮮に対する制裁措置が弱気であったことから今後のリスクを不安視する声が上がるものの、一旦のリスク後退を好感した模様。新興市場ではジャスダックが年初来高値を更新、2部市場も最高値となりました。本日の東証1部の値上がり銘柄数は1503銘柄、値下がりは447銘柄、変わらずが76銘柄。東証1部の売買代金は2兆2254億円、出来高は16億5476万株となりました。

本日の日経平均テクニカル分析

日経平均株価は大幅続伸。昨日上値の抵抗となっていた25日線を一気に上抜く値動きとなりましたが、今度は75日線が上値の抵抗として意識されるため日中の値幅は限定的となりました。またボリンジャーバンドも全体的にまだ下向きです。次は一目均衡表の雲抜けが焦点になります。

本日動いた注目の銘柄群

(6444)サンデンホールディングス
環境省と経済産業省がきょう午前に開いた専門家会合において、エアコンや冷蔵庫の冷媒に使う代替フロン「ハイドロフルオロカーボン」の製造や使用を法規制することで合意。すでに代替フロンを使わず二酸化炭素を冷媒に用いたカーエアコン用圧縮機を開発して、独ダイムラーの「メルセデス・ベンツ」向けに納入を始めている当社が注目された模様。

(6324)ハーモニック・ドライブ・システムズ
年初来高値更新。東海東京調査センターが、産業用ロボットメーカーの生産拡大を受けて、受注が大きく増加していることを指摘し、投資判断を「ニュートラル」から「アウトパフォーム」の強気へ変更、目標株価も4000円から6100円に引き上げ。

(6065)ライクキッズネクスト
ストップ高。2018年4月期第1四半期の連結決算では、営業利益3億1900万円(前年同期比21.3倍)純利益は3億7000万円(同3.2倍)と大幅に拡大。第1四半期の営業利益は、据え置きとなった通期計画の7000万円をすでに超過しており、通期計画の上方修正期待も。認可保育園の新設や、補助金収入の増加が業績を押し上げた模様。

(5631)日本製鋼所
大幅高、年初来高値更新。リチウムイオン電池セパレータ用フィルム・シート製造装置を手掛けていることから、電気自動車の普及を見込んだ関連銘柄物色が集中した模様。SMBC日興証券は当社株に対する投資判断を従来の「2」から「1」の強気に格上げし、目標株価を1900円から3200円に引き上げており、こちらも材料視されています。

(2301)学情
大幅反発。11日の取引終了後に2017年10月期の第3四半期連結決算を発表。同時に自社株買いの実施も発表し買い注文が集まっています。17年10月期第3四半期累計の経常利益は前年同期比11.4%減の10.7億円となったものの自社株買いを材料視された模様。

※当記事は、投資に関する情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的としたものではありません。

提供:ADMIRAL INVESTORS