FX・仮想通貨・先物の最新業界情報メディア

Menu

【ADMIRAL INVESTORS】史上初の快挙!日経平均15連騰達成!

提供:ADMIRAL INVESTORS


本日の日経平均株価終値

前日比239円1銭高 2万1696円65銭

その他の指数

TOPIX      1745.25 前日比+14.61
東証2部指数    6876.29 前日比+14.93
東証マザーズ   1098.55 前日比+13.68
東証ジャスダック 3637.38 前日比+34.20

日経平均株価は史上初となる15連騰を達成。衆院選での与党圧勝を好感し、寄り付きから前営業日比251円66銭高い2万1709円30銭で始まると、終始高値圏での推移となりました。また先週末は米国市場も最高値を更新した他、本日の為替相場は1ドル113円第後半まで円安へ推移しており、今年7月以来の水準。円安を受け輸出関連も大きく買われた事も指数のお仕上げに寄与しました。空運以外全業種が上昇、台風の影響で欠航が相次いだことから航空は売られた格好です。日経平均株価は後場上げ幅を拡大する場面を見せるなど上値追いは活発、引けにかけて利食い売りに押されましたが買い需要が衰えることなく続いた為、大幅高で取引を終了しました。東証1部の売買代金は2兆5942億円、出来高は15億8207万株。値上がり銘柄数は1639銘柄、値下がりは313銘柄、変わらずが80銘柄。

本日の日経平均テクニカル分析

日経平均は青天井圏。本日は終値がボリンジャーバンドの+2σを超えました。日経平均が上昇トレンドの高値付近で+2σを超えるのは2016年の11月24日以来。2016年の場合はその後1週間半保ち合いを続けて、その後上昇となりました。恐らくこのままの水準で月末まで高値を維持すると見られるため、月足チャートも青天井圏に突入することになります。

本日動いた注目の銘柄群

(6961)エンプラス
大幅反発。2018年3月期の連結業績予想の増額修正を発表。営業利益は従来予想の40億円から50億円(前期比20.4%増)に、純利益は28億円から34億円(同34.0%減)に上振れ。半導体機器事業にて車載向けを中心に国内外の顧客から受注を獲得し、テストソケットで新規顧客の開拓が進んだ模様。同時発表の上期(17年4~9月)決算では、営業利益26億3600万円(前年同期比26.5%増)、純利益18億6800万円(同46.9%減)で着地。

(5909)コロナ
大幅続伸。17年4~9月期の連結業績予想の上方修正を発表。売上高が367億円から380億3000万円(前年同期比4%増)、純利益は2億4000万円から6億4000万円(同3.1倍)にそれぞれ増額。通期予想は集計中で未発表。

(6292)カワタ
ストップ高。本日正午に発表した、2018年3月期の上期(17年4~9月)と通期の連結業績予想の増額修正がポジティブサプライズに。通期の営業利益は従来予想の6億8000万円から8億円(前期比54.4%増)へ、純利益は3億9000万円から4億2000万円(同99.1%増)に上振れ。

(4005)住友化学
年初来高値大幅更新。前週末に電池部材事業に関するミーティングを開催。同ミーティングに出席したアナリストサイドから高い評価が相次いだようで、モルガン・スタンレーMUFG証券は、投資判断「オーバーウエート(強気)」を継続したうえで、目標株価を従来の800円から880円に引き上げ。SMBC日興証券では、同ミーティングについて、「耐熱セパレータ、正極材ともにハイニッケル化を追い風とした拡販」などに高評価を下した。

(4766)ピーエイ
ストップ高。、東北、北陸地域で求人情報誌の発行や求人サイトの運営のほか、保育所・託児所事業を展開していることから、自公勝利で教育無償化の恩恵享受の思惑。

(2930)北の達人コーポレーション
大幅反発。11月5日を基準日として1対2の株式分割を実施すると発表、流動性向上を越し買い注文が流入している模様。

(9994)やまや
年初来高値大幅更新。2018年3月期の第2四半期累計の連結業績と配当予想の上方修正を発表。売上高が830億円から850億円(前年同期比2%増)へ、純利益は6億5000万円から13億5000万円(同2.6倍)に増額。6月の改正酒税法の施行前に買い置き需要が発生。施行後の反動も限定的だったとのこと。通期予想の修正については11月10日の第2四半期決算発表まで持ち越し。従来は19円と予想していた中間配当を20円に増額する方針も明らかにし、材料視されました。

(5906)エムケー精工
ストップ高。今2018年3月期上期着地見通しの増額修正を発表。営業利益が前年同期比4.7%増の7億1000万円、従来予想4億円(同41%減)から一転して増益に。主力の門型洗車機が政府補助金制度の効果によりガソリンスタンド向けに好調。通期予想6億5000万円は達成したものの、予想は据え置きのまま。

※当記事は、投資に関する情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的としたものではありません。

提供:ADMIRAL INVESTORS

提携先

メディア掲載実績

【日経CNBC】情報キャッチアップ『ビズ・レコ』

CSR活動

世界のトップトレーダーに
挑戦せよ
WTCに参戦する
メルマガ登録で
最大1000万が当たる
今すぐメルマガ登録する