FX・仮想通貨・先物の最新業界情報メディア

Menu

【FOLIO】日本初のテーマ投資型オンライン証券、β版利用の一般公開を開始


FOLIOは、テーマ投資型オンライン証券サービスを開発し、β版利用の一般公開を2017年11月15日(水)から始めた。

この次世代型投資サービスは、テーマごとに10万円から分散投資を始められるサービス。顧客は、カテゴリーに即して分類されたテーマのラインアップから好きなものを選び、手軽に投資することができるというものだ。
FOLIOで選ぶテーマは、「次世代素材」や「VR(仮想現実)」「e-Sports」「京都」「コスプレ」など、これから流行しそうなトレンドや注目企業、日本経済に影響を与えるであろうイベント、投資で応援したくなるような身近なテーマが主体である。

投資初心者でも「ワクワク」気分で資産運用

それぞれのテーマのポートフォリオは、FOLIOが選定した10社の有望企業で構成されている。個別銘柄の組み入れ比率は、独自のアルゴリズムによって決定された最適分散比率を用いて算出し、単一銘柄への投資よりも、比較的リスクを抑えたかたちで、投資リターンを期待できる。

基本的な投資スタイルである「バランス型」に加え、リスクを抑えたい場合は「ディフェンス型」、成長性が大きい企業の比率を高めたい場合は「グロース型」、銘柄の割安さを重視する場合は「バリュー型」と、顧客のニーズに応じて4つの投資スタイルを用意しているから、投資初心者でも「ワクワク」気分で資産運用を行うことができると、FOLIOはいう。

投資テーマ(11月15日時点、重複あり)

「世の中を変える先端テクノロジー」

<テーマ>
無人航空機「ドローン」、サイバーセキュリティ、人工知能、自動運転車、次世代素材、電気自動車、次世代通信システム「5G」、 VR(仮想現実)

「ワクワクを投資に活かす」

<テーマ>
コスプレ、VR(仮想現実)、テレビゲーム、第4次アニメブーム、 e-Sports、ソーシャルゲーム、カジノ解禁

「世界に誇る日本の技術」

<テーマ>
世界シェアNo.1、ようこそ日本へ、リニア新幹線、電気自動車、インダストリアルロボット

「国策にはさからうな」

<テーマ>
キャリアウーマン、シニア・ビジネス、カジノ解禁、働き方改革、リニア新幹線 etc….

10社への分散投資を10万円前後から行うことができる

これまで個別株の分散投資は、比較的リスクを抑えられるが、1000万円以上の資金が必要だった。FOLIOは、通常100株以上の単位で行う株式取引を、1株単位から取引可能にした。したがって、10社への分散投資を10万円前後から行うことができるのが、大きな特徴といえる。

サービスのデザインもシンプル。口座運用手数料及び口座管理手数料は不要で、テーマの売買に必要な銘柄ごとの取引手数料は、業界最低水準の0.5%(税抜)に設定している。FOLIOは「資産運用をバリアフリーに。」というミッションのもと、従来の難しいイメージの金融の世界に、ワクワクという新たな価値を提供し、テーマ投資型オンライン証券の本格開始に向けて取り組んでいく。

<辻 秀雄>

提携先

メディア掲載実績

【日経CNBC】情報キャッチアップ『ビズ・レコ』

CSR活動

世界のトップトレーダーに
挑戦せよ
WTCに参戦する
メルマガ登録で
最大1000万が当たる
今すぐメルマガ登録する