FX・仮想通貨・先物の最新業界情報メディア

Menu

【FX Street】Dr. Copperは経済は問題ないという


世界経済を心配していますか?

心配するなとDr.Copperは言う。

アメリカの経済は最近低迷し、株式市場は少し揺れ動いているが、銅の価格は6ヶ月間という長い持ち合いの後、過去3ヶ月間上昇し続けている。中国のデータが少し改善されただけでなく、需要についての期待が高まったことで、今年は銅およびその他の金属価格が米ドル安によって支持された。米国債の弱さは、ドル建ての金属を外国のバイヤーにとってより手頃なものにしている。投機家は金属を積み重ねている。

CFCTによると、銅のネットロングポジションは先週5倍上昇した。強気モメンタムのおかげで景気は回復を続けるがが、銅の供給は需要に反して依然として高い。

国際銅研究会(International Copper Study Group)によると、季節調整された銅の剰余は、1月から5月までの世界の銅市場で約12.5万トンであった。このことから、投資家は、需要の伸びが着実に上昇するため、将来的に供給の引き締めの見通しについて過度に楽観的であるかもしれない。

ECBが緩和バイアスを打ち切ることを拒否した場合、ユーロ/ドルは下落する可能性があり、これがドル建てインデックスの支援に役立つはずであるが、これは順調に上昇している金属を圧迫する可能性があるため、ドルの価値を過小評価する可能性もある。つまり、トップが適切な場所にあることを示唆するテクニカルな数値ははまだない。

実際には正反対です。高グレードの銅価格は、心理学的に重要な3ドルのハードルを取り除き、すべての移動平均はより高い。多くのトレーダーにとって、銅は、FXや株式市場に欠けているモメンタムを供給している。その結果、潜在的な修正を見込む前に、銅の価格は、短期的に金属の基本的価値よりも上昇する可能性がある。また、我々はファンダメンタルズだけでこの傾向に逆行することを決してお勧めしない。

出典:FX Street

<元彌>

提携先

メディア掲載実績

【日経CNBC】情報キャッチアップ『ビズ・レコ』

CSR活動

世界のトップトレーダーに
挑戦せよ
WTCに参戦する
メルマガ登録で
最大1000万が当たる
今すぐメルマガ登録する