FX・仮想通貨・先物の最新業界情報メディア

Menu

【ADMIRAL INVESTORS】新興は堅調、日経平均は雇用統計控え上値重い。

提供:ADMIRAL INVESTORS


本日の日経平均株価終値

前日比45円23銭高 1万9691円47銭

その他の指数

TOPIX      1619.59 前日比+2.18
東証2部指数    6598.04 前日比+42.38
東証マザーズ   1107.82 前日比+7.02
東証ジャスダック 3453.48 前日比+6.20

本日の日経平均株価は続伸するも為替の水準が変わらず、取引終了にかけて雇用統計の様子見の調整などで上げ幅を縮小して取引を終えました。後場に入るとメガバンクが下落し始め、それをきっかけに大型株も利益確定に徐々に押される展開に。インデックスは強気が継続しないものの新興市場は確り、2部市場は反発しました。東証1部の値上がり銘柄数は1222銘柄、値下がり数は663銘柄、変わらずは138銘柄。東証1部の売買代金は1兆9028億円、出来高は16億3044万株となりました。

本日の日経平均テクニカル分析

日経平均株価は続伸、週間ベースでは大幅な反発となり、個々2週間分の下落幅をほぼ回復。しかし本日の終値は25日線を僅かに下回る水準で引けている事や、高値も一目均衡表の基準線に抑えられる形となっており、上値追いには陰りが感じられます。週足チャートでも転換線が上値を抑えておりますので、雇用統計通過後にこの線を上回れるかが焦点になってきます。

本日動いた注目の銘柄群

(6172)メタップス
ストップ高まで上昇。韓国子会社のMetaps Plus Inc.が18年3月に新たな仮想通貨取引所「CoinRoom」を開設すると発表と一部海外メディアが報じ思惑が集まり上昇。Metaps PlusはICO(新規仮想通貨公開)を通じて仮想通貨「イーサリアム」をベースとした新たなトークン「PlusCoin」を韓国市場に導入するとの事。

(9202)ANAホールディングス
発行済株式総数の7.14%にあたる2億5000万株を上限に自社株買いを行うことを発表。加えて取得条項付新株予約権付社債の発行を行い新型航空機の購入に加え、自社株買いに充てる。株価は昨年末から強いトレンドを形成しておりますが、PERは11.7倍、PBRは1.82倍と割安。貸借倍率は1倍を切る0.19倍となっており受給妙味も。

(4666)パーク24
8月31日の引け後に2017年10月期の第3四半期決算を発表。営業益は減益だったものの、増益を見込む通期予想を据え置いたことから買いが継続しています。これもまた貸借倍率が低く、空売りの踏み上げ効果が生まれています。カーシェアの利用が今後増える見通しで、業績寄与への期待が高まっています。

(8127)ヤマトインターナショナル
昨日の大引け後に2017年8月期の業績の上方修正を発表、これを好感し大幅に買われました。売上高が195億円から185億円(前期比14%減)に下方修正されましたが、営業利益は3億4000万円から7億円(前期比2.1倍)、当期純利益は1億4000万円から1億5000万円(前期は34億6800万円の赤字)に上方修正。貸借倍率の低さから踏み上げ期待も。

(3766)システムズ・デザイン
ストップ高、年初来高値更新。近鉄エクスプレス(9375)傘下の近鉄ロジスティクス・システムズの新基幹システムの受託開発を受注、これを好感し買いが集まりました。物流・流通業向けシステム開発に強みを持つ子会社のシェアードシステムと共同で獲得した案件で、8月1日から開発業務に着手しているとの事。S高の為一気に織り込み済みの水準まで達する可能性があり、高値キャッチに注意。

※当記事は、投資に関する情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的としたものではありません。

提供:ADMIRAL INVESTORS

提携先

メディア掲載実績

【日経CNBC】情報キャッチアップ『ビズ・レコ』

CSR活動

世界のトップトレーダーに
挑戦せよ
WTCに参戦する
メルマガ登録で
最大1000万が当たる
今すぐメルマガ登録する