FX・仮想通貨・先物の最新業界情報メディア

Menu

【ADMIRAL INVESTORS】北朝鮮建国記念日を睨み警戒姿勢高まる

提供:ADMIRAL INVESTORS


本日の日経平均株価

前日比121円70銭安 1万9274円82銭

その他の指数

TOPIX      1593.54 前日比-4.70
東証2部指数    6515.28 前日比-36.36
東証マザーズ   1013.86 前日比-1.02
東証ジャスダック 3375.35 前日比-9.35

日経平均株価は反落、明日に迫る北朝鮮の建国記念日に合わせた軍事的挑発を懸念したリスクオフ姿勢が優勢の一日となりました。SQ値は1万9278円13銭、寄り付きの日経平均株価は1万9300円台で、SQ値をやや上回っての推移。後場に入ると日経平均は下げ幅を拡大、ファーストリテイリングが年初来安値を更新し指数を押し下げました。引け間際になると為替が108円を割れ、107円台へ。日経平均も1万9300円台から1万9200円台まで下落し、最後の30分でやや買い戻しが入り取引を終了。東証1部の値上がり銘柄数は678銘柄、値下がりは1247銘柄、変わらずが101銘柄。東証1部の売買代金は2兆7145億円、出来高は18億6042万株。

本日の日経平均テクニカル分析

日経平均株価は反落し、日足チャートではボリンジャーバンドの-1σ以下へ転落となりました。日足目線では下値模索が強い形状となっております。一方週足では以前から見ております下値支持、一目均衡表の基準線(19,271円)が下値を支えており、月足では同値を推移する転換線が下値を支えました。日足では弱い値動きとなりますが、長期足ではこれで一つの下値目処を埋めきった形とも言えます。

本日動いた注目の銘柄群

(4680)ラウンドワン
年初来高値更新。既存店売上高の堅調推移を好感され買いが集まってます。「大人1名に付き小学生以下1名無料キャンペーン」などの効果が功を奏している模様。東日本で雨天が多く、記録的に日照時間が少なかったため、屋内型レジャー施設への需要が高まったとも。

(6905)コーセル
大幅続伸、国内の半導体製造装置や工作機械などの高需要で、ユニット電源、オンボード電源がともに好調。海外では北米、欧州、中国での成長が寄与との事。通期計画は据え置いたものの、第1四半期の進捗率が37.7%に達することから、上方修正期待が高まっています。

(6077)Nフィールド
急騰、大幅高。ゴールドマン・サックス証券が当社株について新規「買い」評価。同証券では「2016年に大量出店した店舗の収益貢献と、出店抑制/内部統制のステージに入ったことから、今下期より大きく収益性が向上する(中略)、今後10年で営業利益は14倍の67億円規模まで拡大を予想も市場はいまだ成長性を織り込み切れていないとみる」と指摘。目標株価は3600円との事。

(4528)小野薬品工業
大幅反発。製薬大手のブリストル・マイヤーズスクイブが肝臓がん治療薬の臨床試験において良好な結果が出たと発表。小野薬品と共同開発するがん免疫薬「オプジーボ」と、自社のがん治療薬「ヤーボイ」を組み合わせて投与したところ、一般的な抗がん剤を投与した場合に比べ高い生存率が確認できたとの事。この発表を受け朝方からギャップアップスタート。

※当記事は、投資に関する情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的としたものではありません。

提供:ADMIRAL INVESTORS

提携先

メディア掲載実績

【日経CNBC】情報キャッチアップ『ビズ・レコ』

CSR活動

世界のトップトレーダーに
挑戦せよ
WTCに参戦する
メルマガ登録で
最大1000万が当たる
今すぐメルマガ登録する