FX・仮想通貨・先物の最新業界情報メディア

エムトレメルマガ登録 Menu

【ADMIRAL INVESTORS】日経平均は終値ベースで20年10ヶ月ぶりの高値。

提供:ADMIRAL INVESTORS


本日の日経平均株価終値

前日比57円76銭高 2万881円27銭

その他の指数

TOPIX      1696.81 前日比+1.67
東証2部指数    6803.16 前日比-15.22
東証マザーズ   1095.69 前日比-3.33
東証ジャスダック 3628.89 前日比-3.54

本日の日経平均株価は続伸。為替が円高に進んだ事や昨日の大幅高で利益確定売りが先行、寄り付きは小反落でスタートとなりました。しかし寄り付き直後にTOPIXは年初来高値を更新、日経平均も前引け前にはプラス圏へ浮上し、先物の買いが入ったことで先高期待を強めた格好に。後場の日経平均も強く推移しました。自動車株は弱含んだものの、ファナック(6954)は年初来高値を更新し、一銘柄で日経平均を15円押し上げました。日経平均は終値ベースで20年10ヶ月ぶりの高値。東証1部の値上がり銘柄数は879銘柄、値下がりは1045銘柄、変わらずが106銘柄。東証1部の売買代金は2兆3703億円、出来高は15億3158万株となりました。

本日の日経平均テクニカル分析

本日の日経平均株価は続伸、9営業日連続で5日線を上回って推移しており、明日もこの5日線を上回るなら、日経平均は来週火曜日までは確りとなりそうです。終値が20年ぶりの最高値となったことからも、調整は有ってもこの勢いはまだ継続するものと見ます。

本日動いた注目の銘柄群

(7618)ピーシーデポコーポレーション
続伸。9月度の月次売上高が買い材料視。既存店売上高は前年同月比4.9%増と昨年7月以来のプラスに。全店売上高は同5.6%増と昨年7月以来のプラス転換となりました。サービス売上が同4.2%減とマイナスなものの、商品売上が同23%増まで回復。

(6159)ミクロン精密
急反発。2018年8月期の連結業績予想を好感視。同時に発表した前17年8月期決算は営業利益が7億8500万円(前期比33.8%減)、18年8月期は10億6200万円(前期比35.3%増)とV字回復の見通し。

(7516)コーナン商事
大幅反発。2018年2月期上期の連結決算を好感視。営業利益は103億0500万円、純利益60億2400万円で着地。通期の営業利益は従来予想の177億円から172億1000万円に減額となったものの、純利益は90億円から96億円に拡大。

(6264)マルマエ
大幅続伸。2017年8月期決算を発表。営業利益は前の期に比べ56.5%増の7億6400万円、従来予想6億8000万円を上回って着地。今2018年8月期営業利益は30.7%増の10億円に拡大する見通しを発表。今8月期年間配当予想は1株当たり20円と前期比実質10円増配の方針。

(7730)マニー
大幅高。2017年8月期連結決算と今18年8月期連結業績予想を発表。前期営業利益は前の期に比べ0.4%増の42億6100万円で着地、今8月期の営業利益予想は49億5000万円(前期比16.2%増)と連続で過去最高益を更新する見込み。配当は中間期末18円、期末20円の38円を計画。前期の34円から4円増配。

(6323)ローツェ
大幅続伸。2018年2月期の上期連結決算と通期業績予想の上方修正を発表。上期の営業利益は33億3400万円(前年同期比55.2%増)純利益は21億4200万円(同30.5%増)で着地。通期業績予想も上方修正、営業利益は従来予想の42億2300万円から47億1300万円(前期比3.1%増)、純利益は21億4100万円から30億1100万円(同1.4%減)に。上期の進捗率は営業利益で70.8%、純利益で71.1%に達しており、通期計画の上方修正期待も。

(3297)東武住販
大幅高。2018年5月期第1四半期の増収増益決算が材料視。営業利益は前年同期比23.9%増の1億6900万円。

※当記事は、投資に関する情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的としたものではありません。

提供:ADMIRAL INVESTORS

提携先

メディア掲載実績

【日経CNBC】情報キャッチアップ『ビズ・レコ』

CSR活動

メルマガ登録で
最大1000万が当たる
今すぐメルマガ登録する