FX・仮想通貨・先物の最新業界情報メディア

Menu

【ADMIRAL INVESTORS】日経平均5日ぶり反落、決算内容に注目が集まる

提供:ADMIRAL INVESTORS


本日の日経平均株価終値

1万9251円87銭 前日比-37円56銭

その他の指数

・TOPIX      1536.67 前日比-0.74
・東証2部指数   5802.97 前日比+12.55
・東証マザーズ   1033.30 前日比+12.30
・東証ジャスダック 2977.27 前日比+12.36

本日の日経平均株価は反落。日本株は直近の急ピッチな上昇の反動が出たことや前日米国株が下落したことなどよって朝方から利益確定売りが優勢の展開となりました。為替市場では1ドル111円台と円高進行に一服感、決算内容を材料視した売り買いを中心に安値圏を維持して推移するなか日銀は金融政策決定会合で金融政策の現状維持を決定、これに対する市場の反応は限定的でした。日銀によるETF買い期待により大引けにかけては底堅く推移し、小幅の反落で本日の取引を終了しています。業種別では水産・繊維などが堅調だった半面証券やガスが下落。個別では上方修正発表のダイワボウが急騰しています。東証1部の売買代金は2兆4554億円。

日経平均のテクニカル分析

日経平均株価は反落しました。日足チャートでは一目均衡表の雲の上限である先行スパン1が上値の抵抗。直近の急ピッチな上昇も相まってストキャスティクスは買われすぎを示す水準に。しかし本日の底堅い動きからあくまで利益確定に押されたものと思われます。ボリンジャーバンド拡張による上方向へのボラティリティ上昇の傾向も消えておらず、先高感は伴っております。

今日動いた注目の銘柄群

(6436)アマノ
17年3月期の連結経常利益は前期比1.0%増の138億円となり、さらに18年3月期でも増収を見込む。業績好調により前期の年間配当を46円から52円に増額修正と、今期配当52円の継続となりそう。好業績と増配が材料視され一時2348円まで買われる場面がありました。

(3932)アカツキ
17年春に配信開始を予定していた開発中のスマートフォンゲーム「八月のシンデレラナイン」の配信を6月末に変更したと伝わり年初来高値更新、よりゲームの品質を高めることを目的とした延期が市場に好感されたと見られます。同ゲームは青春・女子高生・高校野球をテーマとしており事前登録者数はすでに18万人を突破している模様。

(3962)チェンジ
カナダBlackBerry Limitedより日本で初めてプラチナ・パートナーに認定されたとの報道。プラチナ・パートナーとはエンタープライズ・パートナー・プログラムの最高位であり、BlackBerry Limitedは今回の認定によりBlackBerry製品の日本市場向け展開を加速したい考えです。チェンジはこの報道を受けて後場ストップ高をつけました。

(2454)オールアバウト
17年3月期業績と配当予想を修正し一時ストップ高へ。動画広告の普及やネットワーク広告が堅調、さらに商品拡充などもあり想定を上回る売上となりました。同期営業利益は3億円見通しだったものを5.4億円に引き上げ、未定としていた期末配当を1株当たり3.00円と発表しています。

(6210)東洋機械金属
減益予想としていた17年3月期の連結経常が一転増益となったことに加え18年3月期も前期比31.7%増の24億円に上振れを見込むと伝わりストップ高買い気配。自動車関連向けの射出成形機やダイカストマシンの販売伸長とコスト削減により業績好調、それに伴い前期年間配当を2円増額したことで配当利回りは4.5%超となっています。

※当記事は、投資に関する情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的としたものではありません。

提供:ADMIRAL INVESTORS

提携先

メディア掲載実績

【日経CNBC】情報キャッチアップ『ビズ・レコ』

CSR活動

世界のトップトレーダーに
挑戦せよ
WTCに参戦する
メルマガ登録で
最大1000万が当たる
今すぐメルマガ登録する