FX・仮想通貨・先物の最新業界情報メディア

Menu

【ADMIRAL INVESTORS】日経小幅続落も2部市場が反発。

提供:ADMIRAL INVESTORS


本日の日経平均株価終値

前日比98銭安 2万2380円01銭

その他の指数

TOPIX      1778.87 前日比-4.62
東証2部指数    6721.28 前日比+49.59
東証マザーズ   1123.17 前日比-8.44
東証ジャスダック 3684.04 前日比-21.11

日経平均株価は小幅続落。寄り付きの日経平均株価は前日比38円6銭安の2万2342円93銭でスタート。その直後は押し目買いが優勢となり直ぐにプラス転換。前場中は先物主導で上げ幅を拡大、一時は前日の下げ幅の半部以上を埋めにかかる2万2532円30銭まで買われましたが、昨日同様14時頃から下げ幅を拡大、取引終了間際には僅かにマイナスに転じて取引を終了しました。一方で東証2部指数は一目均衡表の雲にぶつかり本日は反発。東証1部の値上がり銘柄数は622銘柄、値下がりは1338銘柄、変わらずが75銘柄。東証1部の売買代金は2兆9865億円、出来高は17億3579万株。

本日の日経平均テクニカル分析

日経平均株価は小幅続落、5日移動平均線は下向きへ傾き、本日の高値はこの5日線とボリンジャーバンドの+1σに抑えられる形となっています。一方で週足チャートではボリンジャーバンドの+2σで下げ渋った形に。

本日動いた注目の銘柄群

(6378)木村化工機
ストップ高。2018年3月期の連結業績予想を増額修正。営業利益は従来予想の8億7000万円から12億円(前期比26.1%増)、純利益は6億円から8億5000万円(同34.7%増)に上振れ。上期決算は営業利益が従来予想の4億4000万円から7億2000万円(前年同期比60倍)、純利益が2億9500万円から4億7500万円に上振れて着地。

(2453)ジャパンベストレスキューシステム
一時ストップ高。2018年9月の連結業績予想を発表。売上高は140億円(前期比12.9%増)、営業利益12億円(同34.9%増)、純利益9億7000万円(同9.5%増)と増収増益見込み、過去最高益更新の見通し。年間配当も前期比1円増の10円に。

(6957)芝浦電子
連日の上場来高値更新。10日に発表した2018年3月期業績予想の上方修正が材料視。純利益予想を前回の19億6000万円から22億8000万円(前期比25.4%増)に増額。

(7780)メニコン
上場来高値更新。2018年3月期の第2四半期累計、通期の業績と配当の予想を上方修正。更に株式分割と株主優待制度の導入を発表。通期予想は売上高を従来の758億2300万円から772億4700万円(前期比7%増)、当期純利益も23億5800万円から30億1700万円(同19%増)に増額。また、12月31日を基準日として1対2の株式分割を実施。期末配当予想は38円から25円に修正した。株式分割を考慮すると50円の増配。毎年3月31日現在の株主を対象に自社の商品券や商品などを贈呈する優待制度を導入。

(5310)東洋炭素
年初来高値を大幅に更新。2017年12月期の第3四半期累計連結決算と同時に通期の業績と配当の予想を上方修正。通期の売上高予想は従来の325億円から345億円(前期比6%増)、当期純利益も16億円から25億円(同8.8倍)に増額。期末配当は25円から30円に増額する方針。

(2150)ケアネット
年初来高値を更新。2017年12月期業績予想の上方修正。純利益予想を前回の1億8100万円から2億9900万円(前期比89.2%増)に引き上げ。第3四半期の純利益は2億7000万円(前年同期比10.8倍)、純利益予想2億9900万円の90.3%に達している事から業績上振れの期待が。

※当記事は、投資に関する情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的としたものではありません。

提供:ADMIRAL INVESTORS

提携先

メディア掲載実績

【日経CNBC】情報キャッチアップ『ビズ・レコ』

CSR活動

世界のトップトレーダーに
挑戦せよ
WTCに参戦する
メルマガ登録で
最大1000万が当たる
今すぐメルマガ登録する