FX・仮想通貨・先物の最新業界情報メディア

Menu

【ADMIRAL INVESTORS】日経平均売り買い交錯も小幅反発

提供:ADMIRAL INVESTORS


本日の日経平均株価終値

1万9590円76銭 前日比+36円90銭

その他の指数

・TOPIX      1559.73 前日比+4.72
・東証2部指数   5881.45 前日比+33.18
・東証マザーズ   1057.45 前日比+0.27
・東証ジャスダック 3095.31 前日比+25.34

本日の日経平均株価は反発。前日米国政治を巡り急落していたダウが反発したことを受け東京市場は買い先行で始まりました。日本株は決算が一巡し手掛かり材料難、指数は次第に軟化した場面があったものの後場には先物主導で買い戻され小幅ながら再びプラス圏に浮上して大引けを迎えています。業種別では保険や証券、鉱業が値上がり率上位となった反面ガスやサービス業の下落が目立ちました。個別では欠陥エアバッグ問題で一部企業との和解が伝わったタカタがストップ高、ゆうちょ銀行と提携協議を開始したビリングシステムにも買いが集中。東証1部の売買代金は2兆4077億円です。

日経平均のテクニカル分析

日経平均は小幅に反発、25日移動平均線が75日移動平均線を超えゴールデンクロスを形成するも、5日移動平均線は上値の抵抗として位置しており押し下げられる可能性も。来週の取引で5日移動平均線を意識した駆け引きが注目されます。

今日動いた注目の銘柄群

(7312)タカタ
欠陥エアバッグ問題をめぐる集団訴訟で、(7203)トヨタ自動車、(7270)SUBARUなど自動車メーカー4社と合計5億5300万ドルの支払いをすることで和解したと伝わりストップ高。(7267)ホンダや(7201)日産自動車など未だ和解に至らないメーカーがあるものの将来的な和解への期待を集める形となり買われました。

(2931)ユーグレナ
(7202)いすゞ自動車、(6366)千代田化工建設など5社との資本提携報道により急伸、一時前日比124円高の1276円まで買われる場面がありました。5社を割当先とし第三者割当増資を行い11億円を調達、ミドリムシから作る航空機燃料の共同開発が加速する模様。

(6544)ジャパンエレベーターサービスホールディングス
老朽化したエレベーターのリニューアル案件増で18年3月期営業利益は前期比38%増の8億4000万円見通し。今年度末には未開拓の関西圏へ進出、市場での注目度も高まり断続的な資金流入が観測され株価は本日1600円を突破しています。

(3968)セグエ
子会社がBTジャパンとIPアドレス管理の最適化が可能な「BT Diamond IP製品」で提携、日本市場で同製品の販売を始めると伝わりました。BTジャパンは英最大手ICT会社の日本支社であり、同製品の利用によりIP名とアドレス空間の管理の簡素化及び自動化が可能となるとのこと。

(6502)東芝
19日付の日本経済新聞が同社の半導体メモリー事業の入札で米投資ファンドのベインキャピタルがMBOを提案すると報じ一時237.6円まで買われる場面がありました。ベインキャピタルが東芝メモリに対し51%以上出資し、残りは東芝本体や東芝メモリ経営陣が保有するほか産業革新機構も浮上、本日は一目均衡表の雲での反発となりました。

※当記事は、投資に関する情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的としたものではありません。

提供:ADMIRAL INVESTORS

提携先

メディア掲載実績

【日経CNBC】情報キャッチアップ『ビズ・レコ』

CSR活動

世界のトップトレーダーに
挑戦せよ
WTCに参戦する
メルマガ登録で
最大1000万が当たる
今すぐメルマガ登録する