FX・仮想通貨・先物の最新業界情報メディア

Menu

【ADMIRAL INVESTORS】日経平均反落、FOMC控え膠着感

提供:ADMIRAL INVESTORS


本日の日経平均株価終値

1万9613円28銭 前日比-65円00銭

その他の指数

・TOPIX      1565.22 前日比-2.43
・東証2部指数   5932.40 前日比+4.84
・東証マザーズ   1077.88 前日比+4.17
・東証ジャスダック 3127.87 前日比+2.32

本日の日経平均株価は反落。円高に振れた為替が重しとなり前日比30円54銭安と小幅に下落して始まるとその後は材料株や好業績株への物色が中心に。英爆発事件の状況が明らかになり為替の動きが落ち着くと指数は一時プラス圏に切り返す場面も見られました。底堅い動きが継続したもののFOMC議事要旨公表を控え様子見ムードが根強く再び売りが優勢となって本日の取引を終えています。業種別では水産や金融が値上がり率上位、反面空運や石油の下落が目立ちました。個別ではLCCピーチと業務提携が伝わったリミックスポイントがストップ高、夢展望にも資金流入が継続し2000円台到達です。東証1部の売買代金は2兆63億円。

日経平均のテクニカル分析

日経平均株価は反落しました。寄り付き直後は5日移動平均線を上回る場面も見せましたが直後に転落。一目均衡表の転換線にも上値を抑えられる形となりましたが下値も堅く、重要イベントなども控えることから膠着感の強い相場となりました。

今日動いた注目の銘柄群

(9767)日建工学
消波根固ブロック開発の三省水工を子会社化するとの報道が買い材料視されました。三省水工議決権の95%超を取得する見通しで、今後は両社経営資源を集中することにより事業変革を行う模様。本日一時193円をつける場面がありましたが、その後は利益確定売りに押されました。

(4543)テルモ
製剤の受託製造を予定しているバイオシミラー販売承認申請が欧州医薬品庁に受理されたと伝わりました。同製剤にテルモの薬剤充填用注射器PLAJEXが容器として採用されており、PLAJEXに充填された医薬品が海外で申請されたのは初めてのことであることから前日比で3%超の上昇、4日振りの反発となっています。

(3652)DMP
(7974)任天堂の「Newニンテンドー2DS LL」に同社独自技術のMAESTROをベースとしたGPUコアが採用されたと発表。これまでのニンテンドーDSシリーズへの3Dグラフィックス対応のGPUコア採用に続き「Newニンテンドー2DS LL」にも搭載、ゲームコンテンツの描画機能に利用される模様です。

(5801)古河電気工業
17年3月期営業利益は380億円、計画の320億円から60億円上振れ着地に。光ファイバーの販売が想定以上に好調だったことを受けたもので、同じく光ファイバー関連の(5803)フジクラが大手証券のレーティング・目標株価引き上げを受け上昇した流れを受けた買いも流入したとの観測も。

(4220)リケンテクノス
23日付日経産業新聞で「低温で立体成型でき、鉄球を落としたり極端に曲げたりしても割れない樹脂シートを開発」と伝わったことから買われ本日高値は585円。アクリル樹脂母材の両面を、紫外線で硬化するウレタンアクリレートの薄膜で覆ったシートで、カーナビゲーションやスマートフォン用のディスプレーの保護ガラス置き換え用として期待されています。

※当記事は、投資に関する情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的としたものではありません。

提供:ADMIRAL INVESTORS