FX・仮想通貨・先物の最新業界情報メディア

Menu

【ADMIRAL INVESTORS】日経平均反発も高値圏では慎重姿勢目立つ

提供:ADMIRAL INVESTORS


本日の日経平均株価終値

1万9742円98銭 前日比+129円70銭

その他の指数

・TOPIX      1575.11 前日比+9.89
・東証2部指数   5957.13 前日比+24.73
・東証マザーズ   1088.10 前日比+10.22
・東証ジャスダック 3147.14 前日比+19.27

本日の日経平均株価は反発。前日の米国株は堅調、外為市場では1ドル111円台後半まで円安に振れたことで日本株は買い先行で始まりました。ザラ場中には格付け大手ムーディーズが中国の格付けを「Aa3」から「A1」に引き下げましたが日本株への影響は限定的、引き続きFOMCを控えての様子見ムードも散見されたものの指数はプラス圏を維持して本日の取引を終了。業種別では値上がり率上位にその他製品、海運、証券など。33業種中下落は情報・通信業と医薬品のみとなっています。個別ではRIZAPグループとの提携が報じられた堀田丸正がストップ高、RIZAPグループへの関連物色からぱどにも資金流入、大幅上昇となりました。東証1部の売買代金は2兆2226億円。

日経平均のテクニカル分析

日経平均株価は反発しました。終値で5日移動平均線と一目均衡表の転換線を上抜けた水準へ浮上、18日に空けた窓も埋めきったところからは膠着感が漂いました。ストキャスティクスは売られすぎとされる30%に触れた後やや上向きに変わったことが見てとれることから上昇方向に進みやすいと思われます。

今日動いた注目の銘柄群

(9783)ベネッセホールディングス
アニコム損害保険およびアニコムパフェと、ペット領域における事業強化のため業務提携、ペット保険に加入した0歳の犬・猫の新規契約者に関連雑誌の電子版が閲読できるサービスの提供や共同マーケティング、研究活動なども予定。本日は一時高値4150円まで買われました。

(7974)任天堂
「ニンテンドースイッチ」の販売が好調で業績を牽引。ドル箱の「ゼルダの伝説」を同時発売したことが奏功、スイッチの18年3月期出荷台数計画1000万円台、ソフトは3500万本見通しは保守的であり収益はさらに上振れるとの期待から個人の短期資金を集め3連騰、年初来高値更新です。

(3556)リネットジャパングループ
カンボジアでIoT及びフィンテックを活用した自動車などのリース事業を開始するため、(8473)SBIホールディングスとの共同出資会社を設立。カンボジアではローンやリースなどの制度が整っておらずタクシー会社などの需要を見込めるという。本日は前日比150円高の1086円ストップ高張り付きとなりました。

(3679) じげん
(9437)NTTドコモと人材領域で業務提携、求職プラットフォーム「dジョブ」を共同で企画・制作することが伝わっています。「dジョブ」にはじげんが提供する「アルバイトEX」「派遣EX」「転職EX」の求人情報やネット完結型の「スマホワーク」などを掲載する模様、これが買い材料視され一時1700円を突破する場面もありました。

(6092)エンバイオ・ホールディングス
グループ会社のアイ・エス・ソリューションや東京農工大学などが共同で、土壌汚染浄化に有効な微生物を発見し、その全ゲノム配列を完全に解読することに成功したとの報道で一時ストップ高、さらに年初来高値を更新しました。微生物コンソーシアの実用性と安全性を実証し、経済産業省と環境省が策定した「微生物によるバイオレメディエーション利用指針」の適合確認を受けた後実用化へ動き出す模様。

※当記事は、投資に関する情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的としたものではありません。

提供:ADMIRAL INVESTORS

提携先

メディア掲載実績

【日経CNBC】情報キャッチアップ『ビズ・レコ』

CSR活動

世界のトップトレーダーに
挑戦せよ
WTCに参戦する
メルマガ登録で
最大1000万が当たる
今すぐメルマガ登録する