FX・仮想通貨・先物の最新業界情報メディア

Menu

【ADMIRAL INVESTORS】東証一部商い減少、国内材料に欠く展開。

提供:ADMIRAL INVESTORS


本日の日経平均株価終値

前日比135円4銭安 2万22261円76銭

その他の指数

TOPIX      1759.65 前日比-4.11
東証2部指数    6697.81 前日比-33.45
東証マザーズ   1145.13 前日比+12.25
東証ジャスダック 3710.00 前日比+39.98

日経平均株価は反落。国内に手掛かり材料が不足の中、軟調な欧米株式市場と為替の円高推移を嫌気して売りが優勢の展開となりました。寄り付きでは先週金曜日の安値近辺2万2279円98銭でスタート、その後は日銀のETF買いの思惑や押し目買いの需要も手伝って前場の早い段階では下げ幅を縮める展開に。しかし値幅は小さく限定的。後場に入ると買材料の乏しさに拍車がかかり下げ幅を拡大、下落幅は限られましたが終始軟調な推移となりました。東証1部の値上がり銘柄数は1005銘柄、値下がりは950銘柄、変わらずが81銘柄。東証1部の売買代金は2兆3496億円、出来高は14億5466万株。

本日の日経平均テクニカル分析

先週末に5日移動平均線上へ回復した日経平均も週明が明けると再び下落、終値は5日線に上値を抑えられる形となりました。一方で25日線が下から接近しており、下値は同線を意識して堅い展開です。一目均衡表の基準線、転換線内のレンジ相場で、これからは三角持ち合いの値動きが濃厚です。

本日動いた注目の銘柄群

(4222)児玉化学工業
連日のストップ高。ガラス繊維マットプレス新工法で、軽量ながら金属並みの剛性を持つプラスチック製品の工業化に成功したと発表。この新工法による製品が10月19日に発表されたトヨタ自動車の新型「LEXUS LS」の後部座席構造材に金属代替部材として採用されたこ等から追随買いが継続。

(2830)アヲハタ
反発。2017年11月期の期末配当を従来の8円から9円に上方修正すると発表。8円を実施済みの中間配当と合わせ年間配当は前期比2円増の17円へ。10月2日に発表した今11月期の第3四半期累計(16年12月~17年8月期)の純利益は6億6900万円、一方7億1500万円という通期予想は据え置き。しかし進捗率が約94%となっており上振れ着地が濃厚。

(2173)博展
年初来高値更新。7日に発表した2018年3月期業績予想の上方修正が引き続き材料視。今3月期純利益は1億8000万円(前期は3億6900万円の赤字)と、2期ぶりに最高益を更新する見通し。

(4248)竹本容器
大幅続伸。2017年12月期の連結業績と配当の予想の上方修正を発表。売上高が132億1800万円から139億8500万円(前期比9%増)、当期純利益は8億7000万円から9億1900万円(同10%増)に上方修正。従来は16円の予想だった期末配当金を18円に増額する方針も明らかに。

※当記事は、投資に関する情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的としたものではありません。

提供:ADMIRAL INVESTORS

提携先

メディア掲載実績

【日経CNBC】情報キャッチアップ『ビズ・レコ』

CSR活動

世界のトップトレーダーに
挑戦せよ
WTCに参戦する
メルマガ登録で
最大1000万が当たる
今すぐメルマガ登録する