FX・仮想通貨・先物の最新業界情報メディア

Menu

【ADMIRAL INVESTORS】地政学リスク向上もほぼ横這いで終了。

提供:ADMIRAL INVESTORS


本日の日経平均株価終値

前日比9円75銭安 2万2486円24銭

その他の指数

TOPIX      1772.07 前日比-4.66
東証2部指数    6800.90 前日比-74.52
東証マザーズ   1165.65 前日比-7.42
東証ジャスダック 3812.11 前日比-11.39

日経平均株価は続落。北朝鮮情勢に関する地政学リスクの向上を受け、為替は円高で膠着。日経平均を初め株式相場の重しとなりました。しかし下落幅も小幅で地政学リスク向上の報道の割には下げ幅は限定的。円高へ推移する為替相場を追い風に小売株は高く、その他円高メリット銘柄が買われるなど底上げ圧力も働き下値は下値でしっかりとした展開となりました。東証1部の値上がり銘柄数は736銘柄、値下がりは1212銘柄、変わらずが82銘柄。東証1部の売買代金は2兆6174億円、出来高は14億8218万株。

本日の日経平均テクニカル分析

日経平均株価は5日線を挟んだ保ち合いとなりました。終値は同線より僅かに低く、明日意向の軟調推移に懸念を示す形となりました。一方で25日線は下値の支えとなり、ほぼ同位置に一目均衡表の転換線、基準線も控えることからこの25日線の攻防次第で方向性が大きく変わる可能性もあります。

本日動いた注目の銘柄群

(6506)安川電機
8日続伸、最高値更新。2018年2月期の連結営業利益を従来の455億円から540億円に、純利益を300億円から390億円に再増額修正したことが引き続き好感視。さらに上振れする可能性も。

(6669)シーシーエス
急反発。27日引け後に今2017年12月期業績・配当予想の上方修正を発表。純利益を前回の8億1000万円から10億5000万円(前期比7倍)に増額。最高益予想をさらに上積みした格好に。期末一括配当の年間配当予想も従来の1株あたり30円から45円に引き上げ。

※当記事は、投資に関する情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的としたものではありません。

提供:ADMIRAL INVESTORS

提携先

メディア掲載実績

【日経CNBC】情報キャッチアップ『ビズ・レコ』

CSR活動

世界のトップトレーダーに
挑戦せよ
WTCに参戦する
メルマガ登録で
最大1000万が当たる
今すぐメルマガ登録する