FX・仮想通貨・先物の最新業界情報メディア

Menu

【ADMIRAL INVESTORS】ミサイル発射を無風で通過。日経平均は小じっかり。

提供:ADMIRAL INVESTORS


本日の日経平均株価終値

前日比110円96銭高 2万2597円20銭

その他の指数

TOPIX      1786.15 前日比+14.08
東証2部指数    6836.99 前日比+36.09
東証マザーズ   1165.84 前日比+0.19
東証ジャスダック 3814.53 前日比+2.42

日経平均株価は反発しました。北朝鮮は日本時間早朝にICBMとみられるミサイルを発射、急遽日米首脳の電話会談が行われるなど寄り付き前の報道は地政学リスク向上伝えていましたが市場は非常に落ち着いた対応となりました。ミサイル発射直後の為替相場は一時111円30銭近辺と円高となりましたが、それでも昨日より円安水準。東京株式市場寄り付きでは111円50銭近辺にまで円安へ回復し、取引終了までほぼこの水準で推移しました。ほぼ全面的に買い戻されましたが値動き自体は小幅。しかし鉄鋼や、保険、金融、銀行株は大きく上昇しました。新興市場も確り。東証1部の値上がり銘柄数は1501銘柄、値下がりは477銘柄、変わらずが59銘柄。東証1部の売買代金は2兆8683億円、出来高は17億183万株。

本日の日経平均テクニカル分析

日経平均株価は5日線上へ回復、同線を下値のサポートとして底堅い推移となりました。一目均衡表では基準線がやや切り上がり5日線同様下値のサポートとなりました。しかし転換線が横這い推移の為、結果的にデッドクロスへ。しかし線の方向が下へ下がったものではないので心理的な悪化は無いでしょう。

本日動いた注目の銘柄群

(8053)住友商事
反発。SMBC日興証券が28日付で投資判断を「2(中立)」から「1(強気)」に、目標株価を従来の1650円から1930円に引き上げ。

(7435)ナ・デックス
ストップ高。2018年4月期業績予想の上方修正を発表。営業利益予想を前回の14億円から15億6000万円(前期比8.5%減)に増額。同時に、年間配当予想を従来の1株あたり20円から30円に増額も発表。

(7951)ヤマハ
大幅続伸。2018年3月期の連結純利益の増額修正と自己株式の取得を材料視。純利益予想を従来の390億円から570億円(前期比22.0%増)に増額。保有するヤマハ発動機(7272)の一部株式800万株を売却し約260億円の特別利益を計上。自己保有株を除く発行済み株式総数の3.7%に当たる700万株、取得金額250億円を上限に自己株式を取得する旨も発表。取得した自己株式は全株消却する予定。

(3452)ビーロット
ストップ高。今2017年12月期業績予想の上方修正を発表。純利益予想を前回の7億8100万円から11億7200万円(前期比2倍)に増額。第4四半期に販売用不動産の売却で計画以上の利益を確保できる見通し。減損損失を特別損失として2億800万円計上する見通しをカバーできる見込み。同時に、東証1部への市場変更に向けた準備の一環として立会外分売を予定していることも公表。

※当記事は、投資に関する情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的としたものではありません。

提供:ADMIRAL INVESTORS

提携先

メディア掲載実績

【日経CNBC】情報キャッチアップ『ビズ・レコ』

CSR活動

世界のトップトレーダーに
挑戦せよ
WTCに参戦する
メルマガ登録で
最大1000万が当たる
今すぐメルマガ登録する