FX・仮想通貨・先物の最新業界情報メディア

Menu

【ADMIRAL INVESTORS】日経平均反落、海外イベントを控え様子見姿勢

提供:ADMIRAL INVESTORS


本日の日経平均株価終値

1万9909円26銭 前日比-75円36銭

その他の指数

・TOPIX      1590.41 前日比-6.68
・東証2部指数   5983.38 前日比-15.56
・東証マザーズ   1117.76 前日比-5.36
・東証ジャスダック 3224.67 前日比+2.55

本日の日経平均株価は反落。朝方は前日堅調だった米国株や為替相場で円高進行に一服感が出たことなどを手掛かり材料に買い先行の展開となりました。日経平均は一時2万円台を回復する場面があったものの今晩に控えるECB総裁発言など海外重要イベントを前に上値を買う動きは限定的で、後場には日銀異次元緩和の出口に関する発言から為替が円高に振れ指数は軟化。業種別では水産や保険などが上昇した半面、不動産やガスの下落が目立っています。個別ではアミド誘導体の日本特許査定が伝わったラクオリア創薬や株主優待にビットコインを配布するとして急騰していたリミックスポイントへの資金流入が継続、1000円台に乗せています。東証1部の売買代金は2兆5299億円。

日経平均のテクニカル分析

日経平均株価は反落しました。5日移動平均線に頭を抑えられつつも一目均衡表の転換線の下値支持もしっかり効いています。日足ボリンジャーバンドではバンドの収縮が進みましたが、今晩の海外重要イベントを通過することである程度の方向感は出てくると思われます。

今日動いた注目の銘柄群

(6815)ユニデンホールディングス
18年3月期は営業利益ベースで前期比倍増。さらに売上高のうち海外向けが85%を占める同社の今期想定為替レートは1ドル105円となっていることから上振れ期待も相まって資金が流入している模様で、本日は271円まで買われました。

(3393)スターティア
関連会社のMACオフィスが(6027)弁護士ドットコムと業務提携したと伝わり買い材料視されています。時価総額が小さく戻り売り圧力の乏しい銘柄が投機資金の流入を呼んでいるとの観測もあり連騰中。本日は700円台乗せで一時722円をつけました。

(3939)カナミックネットワーク
広島県三原市が開発した地域包括ケア連携シート「Zai-Takko 三原」に同社提供のカナミッククラウドサービスを利用した情報運用が開始となりました。クラウドで支える地域包括ケアの実現に寄与する情報共有システムとして期待され、買い先行の展開となりました。

(6183)ベルシステム24ホールディングス
(4739)伊藤忠テクノソリューションズとAIなどの新テクノロジーを活用した最新ソリューションや、AI×音声認識による次世代コミュニケーションプラットフォームの普及のための無料セミナー開催など次世代コンタクトセンターモデルの浸透に努めている。対話データの保管と数値管理が行える「BellCloudR」は採用企業が増加、本日も連騰となりました。

(9603)エイチ・アイ・エス
ハウステンボスの沢田社長が2020年を目標として中国にテーマパークを開設する方針と伝わり買われました。投資額は1000~2000億円ほどとなる見通しで、これが好感されたことで本日は前営業日比100円を超す上げ幅となりました。

※当記事は、投資に関する情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的としたものではありません。

提供:ADMIRAL INVESTORS

提携先

メディア掲載実績

【日経CNBC】情報キャッチアップ『ビズ・レコ』

CSR活動

世界のトップトレーダーに
挑戦せよ
WTCに参戦する
メルマガ登録で
最大1000万が当たる
今すぐメルマガ登録する