FX・仮想通貨・先物の最新業界情報メディア

Menu

【ADMIRAL INVESTORS】日経平均反落 ハイテクやメガバンク軟調

提供:ADMIRAL INVESTORS


本日の日経平均株価終値

1万9908円58銭 前日比-104円68銭

その他の指数

・TOPIX      1591.55 前日比-0.11
・東証2部指数   5967.99 前日比-13.26
・東証マザーズ   1125.18 前日比-6.97
・東証ジャスダック 3213.57 前日比-14.29

本日の日経平均株価は反落。週末の米国市場でナスダックが急落したことを受け東京市場ではキーエンスなどハイテク株の下げが指数の重しとなりました。その後下げ幅を拡げ一時175円安まで売られたものの、売り一巡後に内需株や値嵩株の一角が買われたことで下げ幅を縮小して大引けを迎えています。業種別では保険や石油、建設が値上がり率上位だった反面その他製品、電気や情報・通信業などが安い。個別ではピクセラの大株主Oakキャピタル、国内初の遺伝子治療薬承認期待のアンジェスMGなどがストップ高です。東証1部の売買代金は2兆3132億円。

日経平均のテクニカル分析

日経平均株価は反落。軟調な推移とはなりましたが日足チャートでは25日移動平均線や一目均衡表の基準線で下げ止まりを見せており下値支持の効いた底堅い展開となりました。一時下げ幅を見せましたが引けにかけて買われ下げ幅を縮小、下ヒゲを付けた陰線となりました。

今日動いた注目の銘柄群

(6911)新日本無線
センサーの感度を4倍程度高めるICを開発したとの報道で大幅続伸となりました。センサーの性能向上への期待感に加え、音響部品を手掛けていることからSiri搭載のスマートスピーカー関連として資金が流入しているとの観測もあるようです。本日は一時前日比10%超の上昇となる場面も。

(4534)持田製薬
開発中の関節リウマチ治療薬エタネルセプトおよびアダリムマブのバイオ後続品の国内販売に関する提携契約をあゆみ製薬と締結。持田製薬が製造販売承認を取得した後あゆみ製薬と提携して国内販売を行う見込みとなっており後場上げ幅を拡大しています。

(6217)津田駒工業
(7011)三菱重工業に航空機用複合材部品製造装置ライン一式を新規納入。業績寄与期待から一時前日比19.8%高まで買われる場面がありました。その後は利益確定売りに押されましたが約3年半振りの200円台乗せとなりました。

(3773)アドバンスト・メディア
留守番電話サービスの録音音声をディープラーニング技術を用いて学習させ、録音メッセージを文字化する音声認識エンジンを発売したと報じられたことが買い材料視され続伸、今後はMVNOへ導入拡大していく模様です。

(5900)ダイケン
10日付日経新聞が同社の「戸建て住宅用の手動式宅配ボックス今夏本格販売」を伝えたことで資金流入、ストップ高となりました。既存の宅配ボックスと異なる、宅配業者が手動で荷物を預け入れる方式で既存商品の約半値で販売、戸建て向け需要増による業績寄与に期待感が膨らんでいるようです。

(9416)ビジョン
コンビニエンスストア事業のストアコマースと業務提携。訪日外国人旅行者が多数来店するコンビニエンスストア「ポプラ」博多駅前店にWi-Fiルーターレンタルサービス「NINJA WiFiR」の当日申込が可能となる、多言語対応セルフレジ端末「スマートエントリー」を設置。訪日外国人旅行者の受入環境向上によりWi-Fiルーターレンタル業界の認知度にも貢献することが期待されています。

※当記事は、投資に関する情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的としたものではありません。

提供:ADMIRAL INVESTORS