FX・仮想通貨・先物の最新業界情報メディア

Menu

【ADMIRAL INVESTORS】日経平均続落 内需の一角や小型株に資金流入

提供:ADMIRAL INVESTORS


本日の日経平均株価終値

2万0110円51銭 前日比-28円28銭

その他の指数

・TOPIX      1611.56 前日比-5.69
・東証2部指数   6102.81 前日比-2.36
・東証マザーズ   1194.39 前日比+27.09
・東証ジャスダック 3255.01 前日比+1.28

本日の日経平均株価は続落。前日の米国株は小動きで為替市場でもドル円は落ち着いた推移となったことから東京市場は手掛かり材料難、中小型株や材料株への物色が中心となり指数は前日の終値付近でもみあう展開となりました。業種別ではゴムや医薬品、鉄鋼などが値上がり率上位だった反面鉱業や保険などが下落。個別ではロボット分野の強化に乗り出すとの報道でタツミや最終損益の大幅上方修正が好感されたサンテックなどがストップ高となっています。東証1部の売買代金は2兆771億円。

日経平均のテクニカル分析

日経平均株価は続落しました。方向感の出にくい相場となり大引けにかけて指数は軟化したものの、下値は5日移動平均線やボリンジャーバンドの+1σにしっかりと支えられ下げ止まっています。新たな材料待ちの相場であると同時に明日以降節目の2万円での値固めができるかどうかにも注目です。

今日動いた注目の銘柄群

(7268)タツミ
自動車の電装品やブレーキ用部品生産効率化のためロボット活用の拡大・新規事業としてロボット用部品の開発や販売を強化していく模様。3年間で連結売上高を17年3月期比で20%増、25年3月期には120億円に引き上げるとしたことが好感されストップ高、年初来高値更新です。

(6981)村田製作所
台湾の電子部品メーカー国巨が積層セラミックコンデンサーを最大3割値上げするとの報道。円高基調ながら需給逼迫の観測から同社株は引き続き活況、堅調に推移しています。本日1万7000円台に乗せ5連騰となりました。

(6183)ベルシステム24ホールディングス
ソニーマーケティングの「リスクマネジメントパッケージ」と、同社の「緊急リコール対応パッケージ」を組み合わせ、不具合による製品回収などのクライシス発生リスクに備えた事前の対応スキームを構築する工程を加えた、新たなサービスを今秋開始すると伝わりました。株価は直近の急ピッチな上昇から足元で調整含みであるものの、上昇トレンドに乗っての推移を継続中。

(8256)プロルート丸光
本日付の日本経済新聞で越境ECの市場規模拡大が報じられたことを受け人気化しました。同社は17年3月期より中国最大のECショッピングモール天猫国際に「丸屋免税店海外旗艦店」を開設しており本日は一時154円をつける場面も。

(3393)スターティア
上海の印刷大手4社と共同でARサービス「COCOAR」の拡販を目的とした合弁会社設立に合意との報道が買い材料視された模様です。膨大な潜在需要が想定される中国への展開で業績寄与が期待され本日ストップ高まで買われました。

※当記事は、投資に関する情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的としたものではありません。

提供:ADMIRAL INVESTORS