FX・仮想通貨・先物の最新業界情報メディア

エムトレメルマガ登録 Menu

【ADMIRAL INVESTORS】日経平均続伸 材料難で小口売買中心の相場

提供:ADMIRAL INVESTORS


本日の日経平均株価終値

2万0153円35銭 前日比+20円68銭

その他の指数

・TOPIX      1612.21 前日比+0.87
・東証2部指数   6149.93 前日比+46.13
・東証マザーズ   1202.40 前日比+26.80
・東証ジャスダック 3259.57 前日比+16.60

本日の日経平均株価は続伸。前週末の米国株はまちまち、為替市場ではドル円が111円前半で落ち着いた動きとなっていることから日本株は材料難、午後1時時点での東証1部売買代金が1兆円に届かない閑散相場となり小口の売買中心の方向感に乏しい展開となりました。業種別では鉱業やその他製品、食料が値上がり率上位となった反面保険、証券などが軟調。個別ではアリペイ拡大報道による資金流入が継続したフォーサイド、「欅のキセキ」配信を正式発表したenishなどがストップ高となりました。東証1部の売買代金は1兆7505億円。

日経平均のテクニカル分析

日経平均株価は続伸しました。ボリンジャーバンド+1σに支えられる展開が継続、5日移動平均線は上値の抵抗になっており膠着感が残りました。一時は上げ幅を拡大しましたが、薄商いで直ぐに利益確定売りに押されるなどし力強さに欠く展開に。

今日動いた注目の銘柄群

(2488)日本サード
AIや有人によるチャット対応や音声通話などを行いニーズに応じた適切なカスタマーコミュニケーションを実現する「LINE カスタマーコネクト」の販売・運用パートナー契約を(3938)LINEと締結。これが買い材料視され一時1391円まで急伸する場面がありました。

(4118)カネカ
NEDOが太陽光発電の発電コストのさらなる削減を目指す研究開発4テーマを新たに開始すると発表、同社がそのうち2テーマにつき委託先として選定されたことで買いが先行しています。NEDOは採択テーマの技術開発を通じ太陽光発電システムの発電コスト低減やFITに頼らない太陽光発電の普及を目指したい考え。

(6034)MRT
一部メディアが情報通信技術を使って医師が離れた場所の患者を診る「オンライン診療」が本格的に動き出すと報じたことで連騰。同社は遠隔診療ポケットドクターがIT導入補助金の対象となったことで上昇しており本日は一時1980円まで買われました。

(6082)ライドオン・エクスプレス
同社のコーポレートベンチャーキャピタルファンドがZMPに出資、共同でフードデリバリーにおける自動走行宅配ロボットの実現に向けた実証実験を行うことで合意したとの発表があり後場急騰となりました。本日高値1050円をつけた後は利益確定売りに押され上げ幅を縮小しています。

(3526)芦森工業
(7312)タカタが民事再生法の適用を申請したと発表、エアバッグの代替需要増の思惑から買われ一時273円をつけました。6月中旬にも同様の思惑で買われ急騰していたが、その後は調整が続いていたところ、この報道を受け再度資金が流入、急反騰した形となりました。

※当記事は、投資に関する情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的としたものではありません。

提供:ADMIRAL INVESTORS

提携先

メディア掲載実績

【日経CNBC】情報キャッチアップ『ビズ・レコ』

CSR活動

メルマガ登録で
最大1000万が当たる
今すぐメルマガ登録する