FX・仮想通貨・先物の最新業界情報メディア

Menu

【ADMIRAL INVESTORS】日経平均小幅続落 FOMC控え様子見ムード

提供:ADMIRAL INVESTORS


本日の日経平均株価終値

1万9955円20銭 前日比-20円47銭

その他の指数

・TOPIX      1617.07 前日比-4.50
・東証2部指数   6307.47 前日比+43.14
・東証マザーズ   1187.07 前日比+4.90
・東証ジャスダック 3356.07 前日比+15.96

本日の日経平均株価は続落。前日の米国株は下落したものの為替が円高に一服感が出たことが好感され日本株の寄り付きは小反発となりました。為替が落ち着いていることで輸出関連が買われ指数は一時2万円を回復する場面も。ただFOMCや国内企業決算などを前に投資家には様子見姿勢が拡がり上値は重く、大引けにかけて指数は軟化しました。業種別では石油、輸送用機器、非鉄金属などが値上がり率上位だった反面パルプやその他製品などが軟調。個別では新東鉱業との提携が報じられたパルステック工業や、中国でカップ式自動販売機オペレーション事業に参入するアルメディオなどはストップ高となっています。東証1部の売買代金は1兆8865億円。

日経平均のテクニカル分析

日経平均株価は続落しました。買いが優勢となる場面もありましたが一目均衡表の転換線に頭を抑えられてしまいました。ただすぐ下には雲が控えていることやレンジ下限の株価水準であることから今晩の重要イベントで波乱がなければ反発しやすいポイントとなっています。

今日動いた注目の銘柄群

(6973)協栄産業
中国の自動化ニーズに伴いFA関連需要の拡大が期待され大きく買われました。指標面でも商社におけるPBR0.6倍台は割安感が出ており、株価は2014年7月以来となる300円台を回復しました。

(3416)ピクスタ
運営する出張撮影マッチングサービス「フォトワ」にてユーザーが撮影条件を提示しフォトグラファーを募集できる「公募依頼」サービスを開始したと伝わりました。これによりユーザーとフォトグラファーとのスムーズなマッチングがより充実した他撮影案件に対して自身のスキルや撮影スタイルを提案して仕事を獲得することができるようになる模様。

(3691)リアルワールド
大手インターネット広告会社の運用および業務支援のBPO事業を展開するノーザンライツを子会社化。リアルワールドのクラウドソーシング事業と、ノーザンライツのインターネットリサーチの事業を融合させることによりより機密性が高く精度を求められる業務の受注を可能にしたい方針。

(2437)シンワアート
ストップ高水準での買い気配となっていたところ、後場は同社及び子会社のエーペックが税理士法人ネイチャー国際資産税と海外不動産販売の紹介事業に関する業務提携を締結したと伝わりました。会社では今後構築してきた富裕層ネットワークを強化し事業を拡大していくとしています。

※当記事は、投資に関する情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的としたものではありません。

提供:ADMIRAL INVESTORS