FX・仮想通貨・先物の最新業界情報メディア

Menu

【マネックス証券株式会社】「個人型確定拠出年金(iDeCo)」の投資家認知度5割 。


マネックス証券株式会社【関東財務局長(金商)第165号】は、2017年9月1日~4日に、インターネットを通じて、マネックス証券に口座を保有している顧客に向けてアンケート調査(回答数486件)を実施し、「MONEX 個人投資家サーベイ 2017年 9月調査」を発表 した。今回は、定例調査である個人投資家の相場観に加え、「個人型確定拠出年金(以下「iDeCo」)」、「つみたてNISA」の認知度についても特別調査を行った。

日経平均株価は、北朝鮮が軍事的挑発行為を続けていることなどから、調整色を強めているが、このような相場環境のなかでも日本株DIは前回調査(2017年5月~6月)から上昇し、個人投資家が持つ今後3カ月程度の日本株への投資意欲に関する3つのDIもプラス圏でほぼ横ばいだった。

今回の特別調査では「iDeCo」については約5割、「つみたてNISA」については約6割の個人投資家が、制度内容について「よくわからない」と回答し、「つみたてNISA」が「NISA」との選択制であることや、年間投資可能額が40万円までと「NISA」と比較して少額であることが影響したためか、「つみたてNISA」を活用したいと考えている個人投資家は回答者の10%にとどまった。

マネックス証券は、「iDeCo」を2017年9月30日(予定)から、「つみたてNISA」の申込み受付を10月(予定)から開始する。どちらの制度も運用益が非課税となるなど、うまく活用すれば個人投資家のメリットが大きい制度で、より多くの方に制度の有用性を知ってもらい、活用の準備を進めている。

◆「MONEX 個人投資家サーベイ 2017年 9月調査」詳細はこちら

<辻 秀雄>