エムトレ仮想通貨・株式・FX・オプションの最新業界情報メディア

広告掲載ご希望の方はコチラ

【株式会社日本経済新聞社】日経記事から市場変動の要因を抽出、要約する機能を開発へ

日本経済新聞社三菱UFJ国際投信と共同で、AI(人工知能)を利用して、日本経済新聞の記事から金融市場に影響を与えた要因を自動的に抽出し、当該記事の要約文を作成する機能の開発に着手した。

投資信託のレポーティング業務への活用や、投資の判断材料として利用するなど、幅広い分野への応用を見込んでいる。

日経は、自社で開発したAI「日経Deep Ocean」を利用し、記事データから金融市場の変動要因を分析し、関連する記事を抽出。抽出記事をもとに要約文を作成する機能を、2社で共同開発する。その際、三菱UFJ国際投信の持つ研究成果を活用し、作成した要約文は三菱UFJ国際投信が業務で利用することの有用性も検証する。

投資信託業界はこれまで、運用担当者が投資判断に専念できるように、ファンドのレポーティング業務の負担軽減が課題のひとつであった。しかし、この機能を応用することで、運用担当者の業務の効率化促進につながり、過去の市場変動要因を比較的簡単に把握できるので、投資判断の選択肢が広がるはずである。

三菱UFJ国際投信は、経済テキストから市況分析コメントを自動作成する機能について、成蹊大学の酒井研究室や東京大学(https://www.u-tokyo.ac.jp/)の和泉・坂地研究室と論文を発表するなど、基礎研究を重ねてきた。これらの研究成果をベースに、両社で共同開発を行っていく。

<辻 秀雄>

この記事に関連するキーワード

関連する記事

おすすめの記事

人気ランキング

  • 人気おすすめキーワード

  • エムトレ無料メルマガ会員募集中!
    エムトレ無料メルマガ会員募集中!

    仮想通貨情報続々配信中!
    メルマガでしか読めない限定情報も!

    無料メルマガ登録はコチラ