エムトレ仮想通貨・株式・FX・オプションの最新業界情報メディア

広告掲載ご希望の方はコチラ

【株式会社Aerial Partners】暗号通貨損益計算ソフト「Gtax」が「会計freee」と連携

暗号通貨損益計算ソフトGtaxを提供するAerial Partnersは、「クラウド会計ソフト会計freee」を提供するfreeeと業務提携し、「Gtax」で計算した結果を「会計freee」と連携することで、確定申告のすべてをオンライン上で完結できるサービスの開発に着手した。暗号通貨の確定申告の電子化・自動化を進め、暗号通貨税務に関するユーザー体験を快適するために、ブロックチェーン技術の社会実装を進めていく。

提携の背景・意義

2017年は「暗号通貨元年」と呼ばれた。多くの個人投資家が初めての確定申告を経験し、専門的知識が必要な確定申告書の作成や税務署への提出を行うのに、かなりの手間と時間がかかった。

「Gtax」は、暗号通貨の損益を計算でき、その計算結果に基づいて確定申告を行えるが、確定申告書の作成と申告は、個人投資家自ら行うか、対応できる税理士を探さなければならなかった。

そこで、複雑で煩雑な暗号通貨の損益計算と、専門的知識と労力が要求される確定申告書の作成や税務署への提出をスムーズに行うために、確定申告書の作成から電子申告までをクラウドでできるサービス「会計freee」と「Gtax」を連携し、暗号通貨の所得の確定申告をすべてWeb上で完結できるサービスの開発に着手することになった。

サービス連携の概要

「G-tax」の損益計算ページ上に「会計freee」とのシームレスな連携機能を開発する。これによって、ユーザーは、二つのサービスを利用して、2019年に行う所得税の確定申告から暗号通貨の損益計算と確定申告書の作成までを、一括してオンラインでできるようになる。

具体的な連携内容

1.仕訳データの出力対応

「Gtax」上で作成した仕訳データが、「会計freee」へ取込み、「Gtax」から出力できるようになった。個人事業主や法人が暗号通貨の損益を計算して記帳できるようになり、手作業だった確定申告書の作成が自動化できるようになる。

2.「会計freee × Gtaxプラン(仮称)」

作成した申告書は、暗号通貨に精通した税理士に電子申告を任せられる「会計freee × Gtaxプラン(仮称)」を提供し、税務の専門家によるサポートを行う。

3.オンライン上で電子申告まで完結可能に

マイナンバーカードをもっていれば、freeeによって、税務署に行かなくても、オンライン上で電子申告まで完結できるようになる。

 

<辻 秀雄>

この記事に関連するキーワード

関連する記事

おすすめの記事

人気ランキング

  • 人気おすすめキーワード

  • エムトレ無料メルマガ会員募集中!
    エムトレ無料メルマガ会員募集中!

    仮想通貨情報続々配信中!
    メルマガでしか読めない限定情報も!

    無料メルマガ登録はコチラ