エムトレ仮想通貨・株式・FX・オプションの最新業界情報メディア

広告掲載ご希望の方はコチラ

【株式会社catabira】ブロックチェーンに特化したデータアナリティクス・プラットフォーム「catabira.com」を発表

catabiraは、「catabira.com」を開発し、2018年11月下旬よりベータサービスの提供を開始する。これは、トランザクションの可視化や暗号通貨残高のモニタリング機能を搭載し、ブロックチェーン活用事業者向けにSaaS として提供、Ethereum や Bitcoin などマルチプラットフォームに対応している。

「catabira.com」は、ブロックチェーンを活用しビジネスを行うサービス事業者向けの、ブロックチェーンに特化したデータ・アナリティクス・プラットフォームである。「catabira.com」 は、ブロックチェーン上に記録されたデータを元に、ユーザーへさまざまなインサイトを提供する。

 

1.トランザクションや残高の情報を可視化

「catabira.com」 は、ブロックチェーン上に記録されているトランザクション(取引情報)や暗号通貨(仮想通貨)の残高情報の推移を時系列データベースとして保持。ユーザーはアドレスを指定すれば、可視化された時系列チャートのデータにアクセス可能だ。

2.監視設定にもとづいたアラートを受信

「catabira.com」 は、ブロックチェーン上のさまざまなデータをメトリクス(指標)として扱う。ユーザーは、メトリクスに対する閾値と条件判定の設定を行えば、条件を満たした場合のアラートを受信できる。意図しないトランザクションの発生や異常な残高の増減などを検知する監視サービスとして利用可能だ。

3.マルチプラットフォームをサポート

「catabira.com」 は、複数のブロックチェーンのプロトコルに対応。ユーザーは自身でブロックチェーンノードを準備・運用しなくても、マルチプラットフォームのデータを統合的に扱える。

 

提供開始時期と利用方法

ベータサービスの提供開始は 2018年11月下旬頃を予定。サービス開始時期や利用方法の詳細は、ニュースリリースや SNSで発表。

ブロックチェーン技術の活用領域のひとつに、暗号通貨の取引所やウォレットなどのサービスがある。そのサービスを提供するためには、ユーザーの資産保護対策の実施や適正な運用のためのワークフローの整備が重要な課題である。

また現在、さまざまなブロックチェーン活用サービスの商用化や、DApps (Decentralized Applications・分散型アプリケーション) の普及が本格化している。サービス運営の意志決定や PDCA サイクル実行を支援する技術やツールの需要も高まりつつある。

そのような状況のなかで、catabira はブロックチェーンのネットワーク上を飛び交うデータ を扱うことの普遍性に着目し、サービス事業者自身のコアバリューに対して資源を集中できる環境を整えることが、ブロックチェーンビジネスの発展に必要不可欠だと考えた。「catabira.com」 が、ブロックチェーンデータ活用のプラットフォームとなるように、第一の役割として、可視化や監視といったモニタリング機能を開発することになった。

catabira は、「ブロックチェーン技術を基盤とする多様なコミュニティとエコノミーの発展に貢献する」というビジョンを掲げるテクノロジー・スタートアップである。catabira は、「catabira.com」 が提供する価値をより大きくするために、モニタリング機能の強化や、セキュリティやマーケティングの分野に活用可能な機能の搭載を計画している。その計画は、機械学習技術をベースとする異常検知機能や、アンチ・マネーロンダリングに活用できるデータや機能の提供、インタラクティブなインターフェースによる柔軟なデータ解析機能などを含んでいる。

<辻 秀雄>

この記事に関連するキーワード

関連する記事

おすすめの記事

人気ランキング

  • 人気おすすめキーワード

  • エムトレ無料メルマガ会員募集中!
    エムトレ無料メルマガ会員募集中!

    仮想通貨情報続々配信中!
    メルマガでしか読めない限定情報も!

    無料メルマガ登録はコチラ