エムトレ仮想通貨・株式・FX・オプションの最新業界情報メディア

広告掲載ご希望の方はコチラ

【株式会社ふくおかフィナンシャルグループ】十六銀行との金融サービスプラットフォーム「iBank」事業への参画に向けた協議の開始

ふくおかフィナンシャルグループ傘下のiBankマーケティングと、十六銀行【東海財務局長(登金)第7号】は、iBankが運営するスマートフォン専用アプリ「Wallet+」の導入と、金融サービスプラットフォーム「iBank」事業への参画に向けた協議を開始する旨の基本合意を締結した。

スマートフォン専用アプリ「Wallet+」は、2016年7月に福岡銀行の口座利用者を対象にしたサービス提供を始め、2017年10月に熊本銀行と親和銀行、2018年3月には沖縄銀行向けにサービス提供を開始した。

2018年8月には広島銀行、2018年9月には南都銀行、2018年11月には山梨中央銀行との間で、事業参画へ向けた基本合意を締結した。今回の締結で、「Wallet+」導入行(事業参画に向け協議中の金融機関を含む)は、 8行となる。

「Wallet+」では、提携金融機関の口座を登録するだけで、口座残高や収支の明細が確認でき、アプリ内で貯蓄専用の口座を開設して貯蓄ができる金融機能、お金にまつわる情報コンテンツの配信や、パートナー企業から提供されるお得なクーポンの獲得など、金融と非金融、日常と非日常をシームレスに繋ぐ新しいマネーサービスであり、2018年9月には50万ダウンロードを達成している。

今回の提携では、iBankが運営するスマートフォン専用アプリ「Wallet+」を十六銀行の口座保有者(個人)に利用できるよう、サービスの導入に向けた検討を進め、iBankのいろいろなマーケティングソリューションを活用して、相互にデジタルマーケティングの高度化に向けた取組みを行う予定である。

<辻 秀雄>

この記事に関連するキーワード

関連する記事

おすすめの記事

人気ランキング

  • 人気おすすめキーワード

  • エムトレ無料メルマガ会員募集中!
    エムトレ無料メルマガ会員募集中!

    仮想通貨情報続々配信中!
    メルマガでしか読めない限定情報も!

    無料メルマガ登録はコチラ