エムトレ仮想通貨・株式・FX・オプションの最新業界情報メディア

広告掲載ご希望の方はコチラ

【SAMURAI Security株式会社】貸し金庫アプリ「SAMURAI BANK」をリリース

ブロックチェーン技術を使ったソフトウェア開発やトークンビジネスのプロデュース事業を手がけるSAMURAI Securityは、暗号通貨取引を行う投資家の資産を安全に保管するデジタル貸し金庫型のスマートフォンアプリ「SAMURAI BANK」のAndroid版をリリースした。

暗号通貨のセキュリティでもっと重要なのは「秘密鍵」の管理である。秘密鍵を確実にバックアップすれば、ウォレットアプリや端末が故障、紛失したとしても、暗号通貨資産は消失しない。

仮に万が一「秘密鍵」を紛失すれば、暗号通貨資産は永久に失われることになる。 「SAMURAI BANK」は、暗号通貨資産の紛失を防止し、暗号通貨投資家が管理しなければならない「秘密鍵」をより安全に、簡単にバックアップするためのデジタル貸し金庫アプリとして誕生したものである。

「SAMURAI BANK」の特長

暗号通貨のセキュリティ事故ですぐに思い浮かぶのは、「悪意の第三者」による犯罪だが、「機密情報(秘密鍵や個人情報などの機微データ)のセキュリティ事故」の約6割は、利用者本人の「ヒューマンエラー」によるものであることがわかっている。

暗号通貨を保管するパソコンの破損・故障、スマートフォン端末からのデータ漏洩、パスワードの紛失や忘却など、利用者自身の過失が最大のリスクといえる。

「パスワード管理」は、過失が発生しやすい最たる者で、パスワードの強度の高めるには、簡単に推理されない複雑な文字列の設定が必要だが、複雑な文字列にすればするほど、それを記憶するために「外部記録」に依存しなければならない。だが、外部記録に残すことは、漏洩や紛失リスクにつながりやすく、機密情報の紛失・漏洩リスクはいつまで経っても解消されない。

そこで、SAMURAI Securityが開発した「SAMURAI BANK」は、外部記録は不要で、複雑な暗号を管理できる独自の暗号技術を採用しているので、メモやコピーに頼らなくても、秘密鍵を安全に預かる「資産保全」のシステムを提供するものである。

投資家にとって最大のリスク「ヒューマンエラー」からくる資産喪失の防止に特化し、暗号通貨のセキュリティ事故防止に大きく寄与する。

「SAMURAI BANK」は、Q&A方式と絵合わせ方式を組み合わせた独自の暗号技術(特願2018-105514)を採用し、テキストファイルや印刷物などの外部媒体の記録は不要で、複雑で強固なパスワード生成~保存~解除できるようになり、資産の漏洩・紛失リスクを最小化し、データ盗難などの内部犯行も防ぐことができる。

料金、利用プラン

利用料金:月額360円(税込)
利用の際は、このアプリでSAMURAI トークンの購入が必要
利用プラン:6カ月プラン/1年プランから選択可能
対応環境:Android5.0.0以降の環境で利用できる

<辻 秀雄>

この記事に関連するキーワード

関連する記事

おすすめの記事

人気ランキング

  • 人気おすすめキーワード

  • エムトレ無料メルマガ会員募集中!
    エムトレ無料メルマガ会員募集中!

    仮想通貨情報続々配信中!
    メルマガでしか読めない限定情報も!

    無料メルマガ登録はコチラ