エムトレ仮想通貨・株式・FX・オプションの最新業界情報メディア

広告掲載ご希望の方はコチラ

【株式会社Ginco】持っているだけで仮想通貨を受け取れる「Ginco Airdrop Program」を開始

株式会社Gincoは、提供する仮想通貨ウォレットのユーザーを対象に、ウォレットを持っているだけで暗号通貨(トークン)を受け取れる「Ginco Airdrop Program」を開始した。

Ginco Airdrop Programとは?

「Gincoウォレット」を持っているだけで、誰でも簡単に、暗号通貨やトークンを受け取ることができるようになる。暗号通貨の配布は事前に告知し、定期的に実施している。5社のAirdropパートナーと提携し、各プロジェクトが発行するトークンを順次配布する予定だ。現在の「Ginco Airdrop Program」で配布できるトークンは、 ERC20規格に則ったトークンのみである。

トークンを発行している団体(企業)がユーザーにトークンを配布し、自身のプロジェクトをプロモーションすることを「Airdrop」という。ブロックチェーン業界で実施されているマーケティング手法のひとつだ。

エアドロップに参加するためには、暗号通貨の知識があり、複雑な手順が必要であることが、大きな障害となっていた。そこで、Gincoは、誰でも手軽に暗号通貨やトークンを受け取ることができるようにと、ハードルをなくし、Airdropに参加できなかった方に、参加できるようにした。

さらに、トークンを所有するだけでなく、そのサービスを使ってみるきっかけや、応援するコミュニティに参加する機会を提供し、ウォレットという立場から、世界に存在するブロックチェーンプロジェクトが日本で普及するきっかけを生み出す。

「Ginco Airdrop Program」でトークンを配布するメリット

「Ginco Airdrop Program」で、トークンのエアドロップを実施すると、次のようなメリットを享受できる。
・仮想通貨ウォレットのユーザーに自社のプロジェクトを知ってもらうことができる。
・ブロックチェーンプロジェクトにとっては、親和性の高いユーザーにアプローチできる。
・実際に暗号通貨を保有してもらうことで、ユーザーのロイヤルティを高め、長期的な関係性を築く足がかりとなる。

Gincoが実施するAirdropは、暗号通貨を配布する以外に、サービスやプロジェクトをアピールできる。ブロックチェーン関連のサービスを開発する団体にとっては、自社サービスに親和性のある日本の暗号通貨ユーザーにサービスを伝えることができる。

ユーザーに暗号通貨を所有してもらい、サービスへの興味や期待、当事者意識を高めてもらい、中長期的な関係性を築く最初の一歩となる。Ginco Airdropで配布した暗号通貨がきっかけで、サービスを応援してくれるファンやコミュニティが生まれる可能性がある。

ブロックチェーン主軸のプロジェクト以外に、地方自治体や一般事業会社も独自の暗号通貨(トークン)を発行し、Gincoのウォレットから配布ができる。

1.利用券やクーポンとして使う
2.投票やアンケートなどのキャンペーンに使う
3.コミュニティ内の通貨として流通させる

提携しているAirdrop Partner

Seal
ブロックチェーンを利用した製品の認証プラットフォーム

ATN
ブロックチェーンを用いて、 AIaaS(サービスとしてのAI)を提供するプラットフォーム

Lympo
スポーツやヘルスケアの情報をユーザー間で売買し、日常生活をマネタイズするプラットフォーム

policypal
銀行口座を持たない人々や仮想通貨の安全管理のための次世代の保険プラットフォーム

INS
消費者と食料品メーカーを直結させて小売業界を革新するプラットフォーム

<辻 秀雄>

この記事に関連するキーワード

関連する記事

おすすめの記事

人気ランキング

  • 人気おすすめキーワード

  • エムトレ無料メルマガ会員募集中!
    エムトレ無料メルマガ会員募集中!

    仮想通貨情報続々配信中!
    メルマガでしか読めない限定情報も!

    無料メルマガ登録はコチラ