エムトレ仮想通貨・株式・FX・オプションの最新業界情報メディア

広告掲載ご希望の方はコチラ

【Use the Bitcoin】「IONとはなに?」

私たちは特殊な企業がビデオ通話をつくりあげていることを知っている。Skypeがもっとも重要なひとつで、それは適切に機能し、個人がお互いにコミュニケーションをすることができる。しかし、そこには大きな問題がある。それは中央集権化されたサービスだということだ。ION通話は、IOTA技術を使い、世界中に分散型のビデオ会話を届けることができる。

ION通話

ION通話は、個人対個人の会話プラットフォームで、通話を初期化するために分散型メディアとしてIOTA Tangleを利用している。これは、マイクロソフトサーバーといった中央集権化のシステムを使っているSkypeとは大いに異なるものである。Skypeだと、第三者が他人同士の会話を聴くことが可能である。

そのシステムを使うのは非常に簡単で、ユーザーをつくる必要がない。ただ、ウエブサイトにアクセスし、「‘New Conversation」ボタンを押すだけで井伊。クリックをした後、リンクが現れて、あなたが会話をしたい誰かとリンクをシェアする必要がある。ただそれだけでいいので、非常に単純で、スピーディで、心地よいのである。

公式ウエブサイトでは、長く続くためにつくられており、プライバシーの焦点をあて、無限の可能性を追求していると、説明してある。

「ION はIOTA Tangle上に設計された、高速データ転送プロトコルである。作業中のノードは、個人対個人、または個人対機械の間の接続を設定ができる」と公式ウエブサイトに説明がある。

「IONは個人のデータを盗むことができない(盗難を望んだとして本当に盗めない)。すべての転送は、暗号化が徹底している。ION は、IOTAノードとこの静的なウエブページ以外のなにものも面倒を見るものがないので、本当に100%無料である。

そのサイトは、ビデオ通話やビデオ放映、多人数参加型ゲーム、または、監視カメラ調査が可能である。

これは、IOTAにとって非常に重要で、そのネットワークは市場で存在力を高めようと試みており、世界中のいろいろな企業で使われている。そのほかの企業は、さまざまなアプリケーションに対してIOTAを採用している。

たとえば、2018年6月、UseTheBitcoinは、SinoPacがIOTAと協力して、さまざまな金融イノベーションをつくりあげたし、それと同時に同じ月(2018年6月)、Volkswagenは、IOTAの基盤を使って、 無線の概念実証をリリースした、報じた。

出典:Use the Bitcoin

<辻 秀雄>

この記事に関連するキーワード

関連する記事

おすすめの記事

人気ランキング

  • 人気おすすめキーワード

  • エムトレ無料メルマガ会員募集中!
    エムトレ無料メルマガ会員募集中!

    仮想通貨情報続々配信中!
    メルマガでしか読めない限定情報も!

    無料メルマガ登録はコチラ