エムトレ仮想通貨・株式・FX・オプションの最新業界情報メディア

広告掲載ご希望の方はコチラ

【CCN】中国政府のビットコイン市場支配シェアが1%に下落!

Expressによれば,中国政府は、国際的なビットコイン取引市場の支配シェアが90%からわずか1%に急落したことを確認した、という。このイギリスメディアはまた、中国の暗号通貨の専門家は、暗号通貨取引市場での支配を失うことを恐れていると、報じている。

決して90%ではなく、1%に落ちたのは明らか

中国政府は、2017年に暗号通貨取引全体を禁止したので、中国の暗号通貨取引が大幅に下落したことよりは違う結果を期待している専門家のばかばかしさこそ、強調されなければならない。

2018年のはじめに、中国政府は金融機関に暗号通貨取引所や取引プラットフォームとの取引を阻むことによって、暗号通貨の取引禁止を強くした。中国社会で暗号通貨取引所を運営することを認めないことや、中国国内で暗号通貨の取引は違法だということを前提とすれば、中国の暗号通貨取引市場の取引活動が大きな落ち込みを見せたことを記録しないと期待するのは非論理的である。

中国の投資家の多くは、ビットコインのような暗号通貨の取引を継続していたし、中国人民銀行が暗号通貨の取引禁止を課した後は、香港の市場に移動した。

かつては小さな暗号通貨取引市場への数百万人の投資家の突然の移動は、香港の暗号通貨取引プラットフォームを刺激することになり、いまでは主要なプラットフォームとなって、主なデジタル資産の価格に対してプレミアムを提示している。

いわゆる現地の専門家が過去数週間にわたってつくりあげた別の虚位の主張は、中国はビットコインの取引市場の90%以上を支配してきたということである。2017年に発表された多くのレポートは、2017年の中国暗号通貨取引所の毎日の取引量は、取引手数料無料の政策のお陰で、たかりの取引によって膨張されたいたことを明らかにしている。

現地の暗号通貨取引所が取引手数料無料の政策を実行するよう要求された後、中国のビットコインの取引量は80%下落した。中国はその絶頂期でさえ、ビットコイン取引市場の10%から20%のシェアしかなかったことを暗示している。

中国政府は暗号通貨に楽観的ではなかったのか?

中国政府はブロックチェーンのプロジェクトに隠し立てをせずに投資をしている。それは、中国で生まれ、育ったものだ。暗号通貨やブロックチェーン・プロジェクトに関する中国政府の政策は、西洋社会のソーシャルメディア・プラットフォームや検索エンジン、内容共有サイトに関連する政策とほとんど一致している。

中国は現地の市場を支配するために、GoogleFacebookYouTubeを禁止しているが、BaiduWeChatYoukuには禁止措置をとっていない。そのような政策に似て、中国は、VeChainQtum、そして中国で育ち、国内で根付くだろう成功する見込みのあるブロックチェーン・プロジェクトに対しては支援を打ち出している。

アナリストは、中国政府はそもそも人民元が国外に持ち出されるのを防ぐが狙いで、資本管理を厳しくするために、暗号通貨の取引を禁止したと、推測する。現地の投資家から十分な需要が生み出されれば、暗号通貨の禁止措置が取り消されるかもしれない。しかし、中国の暗号通貨取引禁止措置は決して暗号通貨ではなく、厳格な資本規制に狙いがあったため、近い将来、中国政府が暗号通貨取引の禁止を解除することは考えにくい。

出典:CCN

<辻 秀雄>

この記事に関連するキーワード

関連する記事

人気ランキング

  • 人気おすすめキーワード

  • エムトレ無料メルマガ会員募集中!
    エムトレ無料メルマガ会員募集中!

    仮想通貨情報続々配信中!
    メルマガでしか読めない限定情報も!

    無料メルマガ登録はコチラ