エムトレ仮想通貨・株式・FX・オプションの最新業界情報メディア

広告掲載ご希望の方はコチラ

【Use The Bitcoin】Starbucksは、暗号通貨の支払いを受けつけない

世界でもっとも有力なコーヒーショップのひとつであるStarbucksは、暗号通貨の支払いを認めると報じられたが、暗号通貨の受け取りをしないようである。2018年8月3日(金)、インターコンチネンタル取引所は、MicrosoftとStarbucksが暗号通貨を活用すると発表したばかりである。

暗号通貨領域の人々は、ビットコインを支払い手段として受け入れるStarbucksのことを思案し始めていた。しかし、真実は、Starbucksは暗号通貨を受け折らないという。もし、Starbucksで暗号通貨を使って支払いをしたければ、暗号通貨を売って米ドルと交換し、米ドル支払うということになる。

Starbucks副社長のMaria Smith氏は、暗号通貨の支払いについて次のように語った。
写真出典はこちら

「小売業の主力店舗として、Starbucksは、消費者がStarbucksで使うためにデジタル資産を米ドルに変換するための、実用的で、信用のおける、規制されたアプリケーションの開発に中心的な役割をしなければならない。1500万人以上のStarbucksの会員に対するモバイル決済のリーダーとして、Starbucksは消費者のために、いろいろな支払い手段の方法に取り組んでいる」

もっとも重要な国際取引所で、クリアリングハウスであり、データ及びリスティングサービスを行っているインターコンチネンタル取引所は、Bakkiとして知られる新しい会社をつくることを望んでいる。この会社は、デジタル資産にとってオープンで、規制された国際的なエコシステムをつくる意図で、Microsoftのクラウド・ソリューションを活用する。

Bakktが最初に開発するものひとつは、ビットコインを他の法定通貨と交換する取引所である。現時点で、Starbucksでは、サムソンペイやグーグルペイ、アップルペイを上回る、人気のあるモバイル決済アプリケーションや、カード、現金での支払いが可能である。

暗号通貨に関して、Starbucksがニュースに取り上げられるのは初めてではない。過去に、ツイッターの利用者が、アルゼンチンのブエノスアイレスの、いくつかのStarbucksでは、お客のコンピュータを使って、バーチャル通貨のマイニングを行うために、店内にWi-Fiのネットワークが使われていたと報告したことがある。

その問題は結局、それらの店舗は警告を受け、インターネットのプロバイダーがその問題を解決するよう、素早い行動を取ったと、Starbucksは報告した。

出典:Use The Bitcoin

<辻 秀雄>

この記事に関連するキーワード

関連する記事

人気ランキング

  • 人気おすすめキーワード

  • エムトレ無料メルマガ会員募集中!
    エムトレ無料メルマガ会員募集中!

    仮想通貨情報続々配信中!
    メルマガでしか読めない限定情報も!

    無料メルマガ登録はコチラ