エムトレ仮想通貨・株式・FX・オプションの最新業界情報メディア

広告掲載ご希望の方はコチラ

【BaseLayer株式会社】暗号通貨「T.OS」の公式日本語コミュニティをTelegramで開設

BaseLayer株式会社が日本向けPR・マーケティング・コミュニティマネジメントを担当する、処理速度最速の決済システム「T.OS」の公式日本語コミュニティが、Telegramで開設さた。

「T.OS」は、実際の商取引の決済システムをブロックチェーンベースのデジタル通貨を活用して構築するBM(Business Method)の特許を世界初出願したとして知られているが、手数料削減や決済スピードで既存の暗号通貨やデジタル通貨の欠点を補い、現金やクレジットカードなど、あらゆる決済システムに代わる次世代の、新しい決済方式になると予想されている。

「Telegram」は、暗号通貨の世界では、プロジェクト運営側の情報発信手段として使われているが、日本人向けに「T.OS」プロジェクトの進捗報告や、プロジェクトへの質問に答えするツールとして、日本語コミュニティを開設することになった。

 

 

 

 

 

「T.OS」公式Telegram概要

コミュニティ名称:「T.OS」日本語コミュニティ
コミュニティ概要:「T.OS」ロジェクトの進捗報告や、プロジェクトに関する質問に答えするチャネル

現実の決済市場では、ほとんどのブロックチェーン技術を活用するデジタル通貨(暗号通貨)はコインの価格変動が激しく、決済完了までに時間が掛かりすぎるので、決済通貨としては敬遠されているのが実情である。

「T.OS」の決済システムは、決済手段の価値が不変であり、内部でのみ流通する内部コインの「TOSP」の適用で、価格の乱高下の影響がなく、固定価格での取引ができるのが特徴である。決済専用の内部コインなので、市場には流通しないし、ハッカーの危険にさらされることも皆無で、処理速度は速く、信頼性の高い決済手段を実現した。

ビットコインやイーサリアムなど暗号通貨の実用性が低いのは、「処理時間遅延」が要因である。「T.OS」の強みである決済処理時間の迅速さ。1秒当たりに処理するトランザクション件数は、ビットコインの10倍、イーサリアムの約3倍である。これは、従来の暗号通貨決済で発生する処理時間を大きく上回り、利便性が大幅に向上した。

「TOSP」の必要性・優位性

1.価格の安定性
「TOSP」は各国の通貨と価格が固定し、ボラティリティリスク(金融商品価格の予想変動率リスク)のないデジタル通貨なので、世界中で取引でき、各国のキャッシュレス化を促進する。例:米国1 TOSP = 1米ドル、日本1 TOSP==1円

2.手数料削減、顧客と加盟店がWin-Win
基盤はブロックチェーン技術なので、クレジットカードに比べると手数料を安く、加盟店への代金支払いまでの期間も短縮できるので、顧客と加盟店がWin-Winの共存共栄を実現した。

3.従来の暗号通貨よりも現金化しやすい
ビットコインやイーサリアムの現金化は、取引所での売買後、銀行口座に出金する必要があるが、それは煩雑で時間がかかる。一方、「TOSP」は、専門の交換所でスムーズに現金化できるので、利便性が向上した。

4.携帯アプリ化で手軽に使える
「TOSP」ウォレットをアプリ化したことで、携帯電話での処理が可能になり。ビットコイン/イーサリアムをキャッシュ化するためのHUBを目指している。

「TOSP」決済の流れ

利用者が「TOSP」を使って店舗で決済をすると、利用者のウォレットから使用した分だけのTOSPが店舗のウォレットに送金されることで、決済が完了する。その後、店舗は精算する際、「TOSP」を取引所に送り、取引所は、現金で精算する。

「T.OS」ウォレットアプリ/コミュニティ

「T.OS」公式 iOSアプリはこちらから。

「T.OS」公式Andriodアプリはこちらから。
「T.OS」公式Telegramはこちらから。
「T.OS」公式Twitterはこちらから。

<辻 秀雄>

この記事に関連するキーワード

関連する記事

人気ランキング

  • 人気おすすめキーワード

  • エムトレ無料メルマガ会員募集中!
    エムトレ無料メルマガ会員募集中!

    仮想通貨情報続々配信中!
    メルマガでしか読めない限定情報も!

    無料メルマガ登録はコチラ