エムトレ仮想通貨・株式・FX・オプションの最新業界情報メディア

広告掲載ご希望の方はコチラ

【Blocktribune】暗号通貨なしのブロックチェーンは可能か?

現在、政府と大企業は伝染病のように暗号通貨を避けている。その一方では、追加の通貨としてビットコインを認めることは、通貨の価値を壊してしまう可能性がある。他方、政府は通貨の発行を独占し続けたいと願っている。

暗号通貨社会とブロックチェーンの導入の間には大きなギャップがある。すまないが、この革命はゆっくりとだが起きつつあって、不幸なことに詐欺とつながっている。

注意深くIBMが行っていること――いかなる暗号通貨もなしでブロックチェーンPoC(Proof of Concept概念実証)やpilotを開発していること――を観察しよう。Aplaを含む他の企業といっしょに、私たちは、ビジネスライセンスの発行、ブロックチェーン上のデジタルID、デジタル署名付き土地登録およびサプライチェーンを支援するために、ブロックチェーンの導入率を高めている。トークンはこれらのケースの一部の可能性があるが、BinanceHuobiの暗号通貨取引所は関係がない。

同時に、ビットコイン指数の合法性は、ビットコインを地方銀行で買うことができるという意味ではない。筆者が生まれ育ったウクライナ地方では、「はい、合法的です」と書かれているが、近所のコンビニエスストアではビットコインを使用できない。

もし、暗号通貨なしにブロックチェーンや分散台帳技術が導入されなかったら何が起こるだろうか?
ビットコイン創設者の夢は壊されてしまうだろう。大企業や政府はもっと信頼できるITのシステムをつくりあげるだろう。ブロックチェーンはビッグデータのように隠れた技術だから、市民や消費者は、それが革命的なものだとは自覚しないだろう。

プロトコルは、ITクラウドのツールになり、多くの人にとってはかけ離れたものだろう。

もし、私たちが「PR Populism」を区別し、スマートドバイのようなもっとも進歩的なブロックチェーン政府の取り組みを詳しく調べるとすると、暗号通貨の入り込む余地がないことに気がつくだろう。

Smartdubai.aeで検索。彼らのブロックチェーン戦略に暗号通貨はない。
同時に、ドバイは2021年までにブロックチェーン政府になることを目指している。それは、紙を廃し、デジタル政府になることを意味している。ここにブロックチェーンは、メディアの注目や市民の安全性、最先端技術の源として使われる。

スマートな統治は暗号通貨よりも大きな話題である。社会的流動性や生活の質、環境、相互接続社会やその他の分野は、スマートドバイの最高責任者であるAisha bin Bishr博士の関心分野のなかに位置している。

ロシアにある世界最大のガス会社のGazpromは、将来、実用化が期待される先端技術に関心をもっている超大企業である。ブロックチェーン技術は、Gazpromの研究開発陣にとってはもっとも注目すべき話題である。なぜなら、それはオイルや瓦斯産業をもっと効率よくするだけでなく、新しい才能の遊び場だからでもある。
Gazpromのブロックチェーンに関係する分野は、暗号通貨ではない。新しい暗号通貨はこの超巨大企業の事業分野には入り込めない。なぜなら、ロシア政府は、Gazpromや国家の金融システムを管理しているからである。

日常生活のなかで暗号通貨を使用している人々は本当に少ない。規制は暗号通貨が主流になるのを阻止しており、アボカドや文書翻訳を求めるために、暗号通貨が広い範囲で採用されるには、数年かかるでしょう。

だから私たちは、デジタル通貨の時代につながるハイテクの時代に生きている。この巨大なデジタル化の時代は、多くのテクノロジーの発明が現れては消え去っていくのを目の当たりにするだろう。これは一定のテストであり、ハードウェアとソフトウェア両方の特定の技術が必須ではない場合(Windows Vistaがそうであったように)、世界モデルを試してみよう。

現在、SAP&Accentureのような企業は、ますます多くのブロックチェーンのユースケースに取り組んでいる。結局のところ、その目的は利益を上げるためであり、ブロックチェーンは収益の流れに乗っている(とくに、あらかじめ閉鎖されているドアを開けて手がかりをつくる場合)。

オープンソースコミュニティ(オープンソースソフトウェア〈OSS〉の開発や改善、情報交換などを主な目的とする、有志や同好の志によって組織された団体の総称)は、自社の目的のためにブロックチェーンを「調整」し、「銀行を取り除く」という考え方から離れていく大企業に打撃を与えるだろう。

2つの別々の世界( 「EOS clan」と「アマゾン・クラウド・ブロックチェーンdApps」と呼ぶ)が互いに競争をしている。 彼らはいくつかの目標を共有(マイニングやや暗号通貨の取引でお金を稼ぐこと)しているが、両者の視点は根本的に異なっている。政府は時代を統治したいと考えており、企業はお金を稼ぐことを望んでおり、暗号通貨社会…….突然、私たちは強大な暗号通貨社会について何も知らないことに気がつく。

ビットコインのマイニング容量の制御や、米国生まれの暗号通貨取引の投機家、イーサリアム社会、またはGitHubのフリーランス開発者を管理しているのは、中国のマイナーなのだろうか? ブロックチェーン社会の内部では非常に多くの声があり、その声は実際に分散化されている。

現在は、それは多くの理由からハイブリッド戦争が起こっている。ブロックチェーンの採用率は依然として低いため、いまだ闘いのレベルまでは到達していない。

だから、なぜオープンソース社会対企業、公共プロトコル対無許可のプロトコル、金儲けの上手い人対社会的な幸福を信じる人が戦いをしなければならないのだろうか? 一体化の指針が出るチャンスはあるのだろうか?
「チャンスはある」
テクノロジーの採用は、誰もが目標を達成するのに役に立つ。そして、私たち全員がハイテクな進化に支えられた、まったく新しい世界に生きるのである。

出典:Blocktribune

<辻 秀雄>

この記事に関連するキーワード

関連する記事

人気ランキング

  • 人気おすすめキーワード

  • エムトレ無料メルマガ会員募集中!
    エムトレ無料メルマガ会員募集中!

    仮想通貨情報続々配信中!
    メルマガでしか読めない限定情報も!

    無料メルマガ登録はコチラ