エムトレ仮想通貨・株式・FX・オプションの最新業界情報メディア

広告掲載ご希望の方はコチラ

【株式会社ゼロフィールド】仮想通貨マイニングの研究開発と製造・運用施設を異例の【東京】で始動開始

株式会社ゼロフィールドは、2018年8月1日(水)に、東京都足立区で2拠点目となるマイニング施設を稼働開始。2017年3月に東京都大田区に設置後、東京での研究開発や製造を強化する。

異例の「東京」で研究・製造・運用を行うのは?

世界の暗号通貨市場に占める日本のシェアは非常に高く、暗号通貨市場を盛り上げている国のひとつであるといっても過言ではない。日本企業として、東京での快適な運用を目指し、多くの参入機会を提供したいと考えている。

より高い技術力で研究開発を進めるには、人が多く集まる東京に研究施設を設置し、人材を確保しやすくするのが、効率的だからである。

研究開発によって生まれた改善項目を素早くオーダーに適用できる。スピーディに、最善の状態でマシン提供することで、満足度やサービスの向上につながる。

ゼロフィールドの強み

1.東京でも運用可能な高性能マイニングマシン
マイニングに必要な電気代が高額となるので、東京でのマイニング運用は避けられがちだが、ゼロフィールドは、独自のチューニングとアルゴリズム、システムっを導入することで、東京でも高いマイニング効率の維持ができている。

2.電力削減努力と実績
マイニングマシン運用で重要となるのは消費電力だ。ゼロフィールドは、独自のチューニングで研究を重ね、2017年時点で、1台運用で使用する消費電力量が1カ月で547kWhだったが、現在は、446.4kWhまで低下し、22.5%のカットに成功した。

3.マイニングバックアップシステムの導入。販売だけで終わらない、運用サポートによる絶対的信頼
最新のOSにアップデートするのは当たり前で、高機能システムでの監視することで、素早くエラーを察知し、スピーディに回復できる。また、ユーザーのマイニングマシンが万が一エラーなどで一時的に停止し、再稼働まで時間がかる場合、ゼロフィールド所有のマシンが自動的にユーザー向けにマイニングを開始し、採掘量を落とさずに運用できるマイニングバックアップシステムを導入している。システム面とともに、採掘量の部分でも、最良の状態を保つサポートを行っている。

4.新設工場で、GPUマイニング機器の新たな取組みに向けた研究開発を実施
現在、GPUマイニング機器は、高い演算処理能力を武器に、ブロックチェーンを用いた暗号通貨取引の整合性を検証し、PC等のマシンパワーを利用して手数料を聴取するマシンとして利用されている。しかし今後は、決済、送金、証券などの金融分野以外に、土地登記、資産管理、商流管理、医療情報、投票管理などの非金融分野でも利用できるマイニングマシンの可能性に目を向けた研究開発を進めるために、足立区工場に新たな部署を設置した。

工場新設に伴いキャンペーン実施

大田区に続き2拠点目となる足立区工場稼働を開始したことで、先着167台限定のマシン管理費を2018年12月末まで1台1カ月2万5000円から2万円(電気代込み)で申し受ける。期間中に新規で契約、買い増しの方全員がキャンペーンの対象で、台数は6台(550万円)から申し受ける。申込数が167台を超え次第キャンペーンは終了。

<辻 秀雄>

この記事に関連するキーワード

関連する記事

人気ランキング

  • 人気おすすめキーワード

  • エムトレ無料メルマガ会員募集中!
    エムトレ無料メルマガ会員募集中!

    仮想通貨情報続々配信中!
    メルマガでしか読めない限定情報も!

    無料メルマガ登録はコチラ