エムトレ仮想通貨・株式・FX・オプションの最新業界情報メディア

広告掲載ご希望の方はコチラ

【株式会社Branding Engineer】最先端技術が学べる「tech boost」がプログラミングスクール初のトークンエコノミーを形成

ブロックチェーンやAI、IoTといった最新技術が学べる「tech boost」は、コミュニティコイン発行プラットフォーム「fever」と連携し、 プログラミングスクールとしては初となる、トークンエコノミーを形成する。

「tech boost」は、これまでのスクールとはまったく違う概念でコミュニティ活動を通じて、プログラミング学習を推進 してきた。しかし、「tech boost」に貢献してくれたメンターや受講生に対して、平等な対価を付与していなかった。

そこで、「fever」を提供するAsobicaと連携し コイン(通称tbコイン)を発行し、コミュニティの活性化を薦めていく。

「tbコイン」ができること

1.コイン配布による「貢献度」の価値化
「fever」のプラットホーム上で提供している、貢献度に応じたコインの配布機能を活用し、メンターや受講生へのインセンティブを付与する。それによって、価値化できていなかったメンターや受講生の貢献を価値化し、コミュニティ内の活性化を促進する。

2.コインの送り合いを活かしたプログラミング学習
メンバー間でのコインの送り合い機能を用いて、一方的になりがちなスクールという学習形態ではなく、双方向のコミュニケーションによるプログラミング学習を可能にする。

「fever」とは?

コミュニティが独自のコインを発行し、経済圏をつくれるサービスである。コインは、メンバー間での送り合いや、コミュニティ内で提供するサービスの決済に活用できる。今まで見えなかった感謝、貢献度を可視化できるのが特徴である。

「tech boost」とは?

2017年11月、「shock the world」をコンセプトに、世界がアット驚くテクノロジーエンジニアを育成するために始まった、従来では考えられなかったプログラミング教育事業のことである。ブロックチェーンコースのほかに、AIやIoTという先端技術や、Web開発の技術取得をサポートする学習コンテンツを提供。現役エンジニアによるマンツーマンのメンタリングなども実施している。

<辻 秀雄>

この記事に関連するキーワード

関連する記事

おすすめの記事

人気ランキング

  • 人気おすすめキーワード

  • エムトレ無料メルマガ会員募集中!
    エムトレ無料メルマガ会員募集中!

    仮想通貨情報続々配信中!
    メルマガでしか読めない限定情報も!

    無料メルマガ登録はコチラ