エムトレ仮想通貨・株式・FX・オプションの最新業界情報メディア

広告掲載ご希望の方はコチラ

【Wowooプロジェクト】SAC機能の開発と新規トークンの発行

2017年に発足したWowooプロジェクトは、SAC機能の開発と新規トークンの発行を発表した。「SAC機能」は、Wowoo Platformサービス中のコア技術で、ブロックチェーン技術を用いたフェアで、新時代の「信用」の取引を実現するための特別決議機能やコベナンツコントロール機能などを司るサービスで、複雑なスマートコントラクト生成のプロセスを、簡単に誰でも行えるような革命的な技術開発を目指している。

「SAC機能」は、ネットワーク速度やコミュニティ増加率等を鑑みて、NEOベースに開発を移行して以来、開発の可能性を模索してたが、NEOプラットフォームでは実現不可能という結論に達した。

そこで、米国やマレーシア政府関連のプロジェクトを進行するためにも、Wowooのメインネットブロックチェーン(来年リリース予定)が実装されるまでの間に、別のブロックチェーンネットワーク上に構築が必要になったことから、現在、唯一のオプションであるイーサリアムプラットフォームを用いて開発をすることなった。

既存のトークンであるWowbit(WWB)は、どちらかといえばユーザーサイドに寄り添ったトークン機能だったが、今回、新規発行するトークンWowbit Classic(WWBC)は、主にプロジェクト側にメリットをもたらすトークンとして流通すると考えられる。

これまでWowooのプロジェクトを信じて、応援してきた既存のWWB保有者には、2018年内を目標に、保有量に対して新規トークンの配布を行う予定だ。現在、まだクロスチェーンの技術が確立されていないので、異なるブロックチェーン間のエアドロップは自動化できないが、特設ページ等を通じてエアドロップを実施する考えにある。

新規トークン仕様

トークン名:Wowbit Classic (WWBC) (仮称)
トークンタイプ:ERC20 Standard
発行枚数:33億3333万3333枚

テレグラムはこちら
ツイッターはこちら

<辻 秀雄>

この記事に関連するキーワード

関連する記事

人気ランキング

  • 人気おすすめキーワード

  • エムトレ無料メルマガ会員募集中!
    エムトレ無料メルマガ会員募集中!

    仮想通貨情報続々配信中!
    メルマガでしか読めない限定情報も!

    無料メルマガ登録はコチラ