エムトレ仮想通貨・株式・FX・オプションの最新業界情報メディア

広告掲載ご希望の方はコチラ

【Enbowl株式会社】ブロックチェーン領域の開発企業と発注企業をマッチングする「CryptoBowl」β版を公開

Enbowl(エンボウル)株式会社は、ブロックチェーンサービスの一部機能をベータ版として独立させ、ブロックチェーン案件の業務マッチングサービス「CryptoBowl(クリプトボウル)」を公開した。

「CryptoBowl」は、「ブロックチェーン領域で案件を発注したい企業」と「ブロックチェーン開発に特化した開発企業」とをつなぐ、ブロックチェーン領域専門の業務マッチングサービスである。すでに複数のブロックチェーン開発企業と提携しており、ブロックチェーンウォレットの開発やブロックチェーン領域の実証実験のマッチングにも成功している。

ブロックチェーンへの期待がグローバルで高まってきている。ところが、ブロックチェーン領域に参入しようと新規事業を立ち上げたいが、社内のリソース不足やブロックチェーン技術への理解不足で、想ったように事業展開が進まない企業が顕在化してきている。

ブロックチェーンの開発企業には、ネットワークが少なく、案件となかなか巡り会えないという問題があるので、Enbowlは、「CryptoBowl」のネットワークを活用し、発注企業と開発企業をマッチングできるサービスを開始した。

利用までの流れ

ステップ1. 問い合わせ。Enbowlのサービス内から問い合わせをする。
ステップ2. 打ち合わせ。要件をヒアリングする。
ステップ3. 見積もり。金額や期間の見積りを行う。
ステップ4. マッチング。候補者を提案。
ステップ5. 業務開始。開始日を設定し、業務を開始する。

今後の展開

ブロックチェーンの日本市場規模は67兆円であり、世界でみると300兆円の市場規模となっている。ブロックチェーンは、第四次産業革命の根幹技術の一つとして位置づけられている。だが、現実は、ブロックチェーン市場は成熟にはほど遠く、ブロックチェーン技術者の不足は否めない。慢性的に不足しているといってよい。さらに問題は、ブロックチェーンが注目されていると頭ではわかっていても、では実際になにをやったらいいのか、戸惑っているビジネスマンや企業が多く存在していることである。

Enbowlは、「CryptoBowl」を介して、業界内にユースケースを構築し、人材の育成や紹介など、ブロックチェーン開発を円滑に進めるための環境整備を行っていく。今後の成長が期待されるブロックチェーン市場で、「次世代のインフラを創る」一翼を担っていきたい。

<辻 秀雄>

この記事に関連するキーワード

関連する記事

人気ランキング

  • 人気おすすめキーワード

  • エムトレ無料メルマガ会員募集中!
    エムトレ無料メルマガ会員募集中!

    仮想通貨情報続々配信中!
    メルマガでしか読めない限定情報も!

    無料メルマガ登録はコチラ