エムトレ仮想通貨・株式・FX・オプションの最新業界情報メディア

広告掲載ご希望の方はコチラ

【Coindesk】スイスタウン、ビットコインで税金の納付を受け入れる

地元の報道機関のニュースレポートによると、スイスの自治体であるキアッソ(人口約5000人、スイスイタリア語圏ティチーノ州にある小さな町)では、税金をビットコインで受け取り始めたという。2018年の初めに導入される新しい計画は、この地域に拠点を置くさまざまなブロックチェーン・グループとの議論に従って、明らかに策定された。

しかし、この制度には限界があり、ビットコインで支払われる納税額は、250スイスフラン(約265ドル)を超えることはできない、と報告書は述べている。

キアッソ市長のBruno Arrigoni氏は、「この町は、国際的には、国家と州にとって、技術と経済が成長している中心地として認識されている」と述べた。

ツーク州

キアッソは「クリプトポリス」と呼ばれ、スイスのブロックチェーンの中心地であるツーク(ツーク州の州都)のライバルとしての地位を確立しており、過去数カ月で、8つの新興企業がキアッソに拠点を置いたと言われている。

スイスの「クリプトバレー」として国際的に有名になったツークは、市民が2016年にデジタル通貨で政府サービスの代金を支払うことを許可したと発表した。しかし、ツークは住人のためのオプションとして、ビットコイン納税も可能にするという動きはなかった。

出典:Coindesk

<辻 秀雄>

この記事に関連するキーワード

関連する記事

人気ランキング

  • 人気おすすめキーワード

  • エムトレ無料メルマガ会員募集中!
    エムトレ無料メルマガ会員募集中!

    仮想通貨情報続々配信中!
    メルマガでしか読めない限定情報も!

    無料メルマガ登録はコチラ