エムトレ仮想通貨・株式・FX・オプションの最新業界情報メディア

広告掲載ご希望の方はコチラ

【Coindesk】ゴールド・インベスターのジョン・ハサウェイ氏、仮想通貨は「ごみ」と発言

主に金の取引に重点を置いている著名な資産管理者は、今週の仮想通貨市場の熱狂的な流行りは「ゴミ」と、辛辣な言葉を放った。貴重な金属のニュースとデータサイトであるKitco.comに話したところでは、Tocqueville Asset ManagementのJohn Hathaway(ジョン・ハサウェイ)氏は、仮想通貨市場を「バブル」と汚名を着せた初めての観測筋となった。

ほかには、Bridgewater Associatesの創業者であるRay Dalio氏や、金投資家のPeter Schiff氏も同様の警告を出している。

ジョン・ハサウェイ氏にとって、市場がバブル領域にあるのかどうかというのは頭を悩ませる問題ではない。インタビューの当初で、現在の状況を「ゴミ」と呼んでいる。

「それは絶対的なバブルだ。それはバブルにあるということに何の疑問ももっていない」と彼は同サイトで語った。案の定、彼は全体の市場の時価総額(CoinMarketCapによると、インタビュー時のときは1260億ドル)を、金市場と比較し始めた。

ジョン・ハサウェイ氏は主張した

「確かに、あなたはバブルのときはいつでもお金を稼ぐことができますが、バブルからぬけださなければならない。これらの仮想通貨の市場価値の合計は1800億ドルかその程度で、金の市場価格に比べると小さいということを忘れないようにしましょう」

ジョン・ハサウェイ氏はまた、金市場が仮想通貨のお陰で、投資家からの注目度が低くなっているという議論に焦点をあて、そんな考えはばかげていると主張しながら、「それは真実ではない」と彼はつけ加えた。

出典:Coindesk

<辻 秀雄>

この記事に関連するキーワード

関連する記事

人気ランキング

  • 人気おすすめキーワード

  • エムトレ無料メルマガ会員募集中!
    エムトレ無料メルマガ会員募集中!

    仮想通貨情報続々配信中!
    メルマガでしか読めない限定情報も!

    無料メルマガ登録はコチラ