エムトレ仮想通貨・株式・FX・オプションの最新業界情報メディア

広告掲載ご希望の方はコチラ

【Coindesk】Macquarieのアナリスト、Jamie Dimon氏のビットコイン詐欺批判を拒否

Macquarieグループのシニアアナリストは、「ビットコインや他の仮想通貨は、合法的な金融イノベーションではない」という考え方に反対を表明している。

JPモルガン・チェースの最高経営責任者のJamie Dimon氏のようなウォール・ストリートの大物による、最近のビットコインの批判に応えるかたちで、Macquarieの国際/アジア太平洋地域のエクイティ戦略部門の責任者であるViktor Shvets氏は、今週、どんな「究極の投機」にもかかわらず、ビットコインは、進化し、強化し続けやすい耐久性のある技術に依存していると語った。

Business Insiderが得た情報によると、顧客へあてたメモでは、Viktor Shvets氏は、9月初めにJamie Dimon氏が明らかにした「ビットコインは詐欺だ」との主張と、直接戦っていくと述べたという。

「もし、ビットコインを詐欺だと表現するなら、基礎となる経済の少なくとも4倍から5倍の規模の「金融クラウド」をどのように表現するのだろうか?」と Viktor Shvets氏はこう書きながら尋ねた。

「世界中で流通している400兆ドルもの金融商品がこれまでに払い戻されることはほとんどありません。その大部分は、すでに価値がなくなっているか、または価値のない資産によって支えられています。日本銀行中国人民銀行のような中央銀行によって直接決定された、あるいは米連邦準備制度理事会欧州中央銀行の強い影響を受けた金利と利回り曲線をどのように表現するのでしょうか?ガラスの家に住む人々は石を投げるべきではありません」

Business Insider によると、Viktor Shvets氏は、投資家は仮想通貨を自分のポートフォリオ戦略に組み入れ、ドルなどの法定通貨の切り下げに対するヘッジとして、表明するべきだと主張した。

出典:Coindesk

<辻 秀雄>

この記事に関連するキーワード

関連する記事

人気ランキング

  • 人気おすすめキーワード

  • エムトレ無料メルマガ会員募集中!
    エムトレ無料メルマガ会員募集中!

    仮想通貨情報続々配信中!
    メルマガでしか読めない限定情報も!

    無料メルマガ登録はコチラ