エムトレ仮想通貨・株式・FX・オプションの最新業界情報メディア

広告掲載ご希望の方はコチラ

【Cointelegraph】ブロックチェーンとスマートシティ。「雄安新区」中国の第二首都への道

2017年10月14日、精力的なビジネスパーソンであるPeng Yijie氏は、Chen Gang氏を訪ねた。Chen Gang氏は河北省の副知事で、雄安新区の共産党の長官である。

Peng Yijie氏はブロックチェーン技術の可能性について、Chen Gang氏に報告した。彼女は、雄安新区でのブロックチェーン・イノベーションの促進に協力するよう説得を試みた。話し合い中、Peng Yijie氏は、雄安新区は都市建設のなかでブロックチェーンの能力を試験する最適な場所であると言った。ブロックチェーンをもってすれば、より順調にスマートシティができあがるとも述べた。

Peng Yijie氏は、Ant金融サービスグループの副社長で、アリババグループホールディングスの共同創業者だが、彼女は雄安新区のデザイン計画を提供した。ブロックチェーンは共同体エリアや政府の事業、ビジネス分野で使われることになる。Peng Yijie氏の会社は、よりよい都市を造るために地方政府を支援する。

Chen Gang氏は、Ant金融サービスグループの働きぶりを認めた。彼は、Ant金融サービスグループの計画は、雄安新区の行政機関がよりよい都市づくりに大いに貢献するだろうと述べた。しかしながら、彼はそのプランはまだ良くなると考えている。彼は会社に対して、製品やサービスを利用を通じて得られる体験やクレジットにもっと焦点をあててはどうかと提案した。別の言葉で言えば、技術はいつでも人々の役に立つということである。

Jack Ma氏
写真出典:https://en.wikipedia.org/wiki/Jack_Ma

Ant金融サービスグループは、以前はAlipayとして知られていたが、アリババグループホールディングスの関連会社である。アリババグループホールディングスは、中国で最大の規模を誇り、もっとも重要な会社のひとつである。その市場価値は、2017年7月で4000億ドルに拡大している。アリババグループホールディングスの取締役会長であるJack Ma氏は、CNNによると、世界でもっとも有名な中国人のひとりであり、中国で2番目のもっとも影響力のある人物である。

雄安新区は2017年4月に、中国共産党中央委員会総書記である習近平氏の肝いりで創設された新しい地区である。雄安新区はまた、中国の第二の都市と同様に、北京市、天津市、河北省の三つの地域をつなぐ経済トライアングルの開発拠点として期待されている。

より正確に言えば、習総書記は、中国の首都での主力ではない業務を雄安新区に移住させたいと考えている。雄安新区は、習総書記からの直接の支持によって設立されたため、人々は通常、雄安新区を習総書記の業績の象徴と見なしている。したがって、雄安新区の開発は不可欠なのである。

だから、中国で2番目に影響力のある男が所有する最大の会社は、中国で最強の人物によって建設された「第二の首都」においてブロックチェーンを推進する計画を立てている。 もちろん、協力してもらえるかどうかはまだ交渉中である。しかし、もし、ブロックチェーンが雄安新区の建設に重要な役割を果たすならば、それは将来、他の中国の都市でもどうようなことが行われるだろうか?

出典:Cointelegraph

<辻 秀雄>

この記事に関連するキーワード

関連する記事

人気ランキング

  • 人気おすすめキーワード

  • エムトレ無料メルマガ会員募集中!
    エムトレ無料メルマガ会員募集中!

    仮想通貨情報続々配信中!
    メルマガでしか読めない限定情報も!

    無料メルマガ登録はコチラ