エムトレ仮想通貨・株式・FX・オプションの最新業界情報メディア

広告掲載ご希望の方はコチラ

【CryptoCoinsNews】カカオの運営会社が韓国にベータ段階の新たな暗号通貨取引所”Upbit”を開設

韓国最大のメッセージングプラットフォームであるカカオの系列会社で、韓国のフィンテックのスタートアップ会社であるDunamuは、ベータ版でのテスト用に新しい暗号通貨交換の「Upbit」を公開した。

Dunamuは、アメリカに拠点をおくBittrex社との提携により開発した「Upbit」の詳細について9月初旬に公開した。当初予定では韓国で前例のない110の暗号通貨をサポートする。Dunamuは、「Upbit」が韓国で最大の暗号通貨取引所になると予測する。

Korea Joongang Dailyによれば「サービスの初期段階で、「Upbit」は、ビットコインや取引量が一定量を超えている主要アルトコイン(例えば、イーサリアム、リップル、ライトコイン)を扱うことになるだろう」と発表した。「プラットフォームの最終的な目標は、167の異なる市場から111の異なるトークンの取引を可能にすることです。」

「Upbit」は、韓国ウォン(KRW)、ビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、テザー(USDT)を含む、4つの主要通貨によって支えられている市場をサポートする予定である。

ビジネスコリア(Business Korea)の新たなレポートでは、「Upbit」はユーザーに試用してもらうためのサービスを今週始めた。同取引所は現在ベータ段階にあり、ユーザーはウェブサイト、アンドロイドおよびiOSアプリを通じてそのプラットフォームにアクセスできるようになる。

Dunamuのチョン・ヒョング最高経営責任者は

「Bittrexとの提携により、当社は最大数のデジタル通貨取引サービスをサポートするだけでなく、既存のアルトコイン投資の不便さ、時間の遅延、複雑な口座管理などの問題を解決しました。 10のオープンベータサービスを開始し、国内取引条件に最適化されたサービスを提供する予定です。」

Dunamuはまた、韓国で最も人気のある株式取引アプリであるKakao Stockの運営会社である。 カカオ社で人気のカカオトークのメッセージアプリは、韓国全土で最も普及しているアプリであり、韓国全体の93%がそのプラットフォーム上で通信していると推定されている。Dunamuは、「Upbit」のトレーダーが、Kakao TalkとKakao Pay(韓国の1500万人近いユーザーを抱えるモバイル決済子会社)との接続により、大規模なエコシステムを利用できることを確信している。(出典:CryptoCoinsNews

エムトレの視点

韓国で人気のチャットサービスKakao Talkである。韓国でも仮想通貨(暗号通貨)の人気は高く、更に多くの仮想通貨を扱おうとしていることから、Kakao Talk/Kakao Payのユーザーがこれを機会により気楽に仮想通貨取引を行うことが予想される。Dunamuのベータテストの結果は今後の韓国での仮想通貨の未来を占う上でも非常に重要だ。

<元彌>

この記事に関連するキーワード

関連する記事

人気ランキング

  • 人気おすすめキーワード

  • エムトレ無料メルマガ会員募集中!
    エムトレ無料メルマガ会員募集中!

    仮想通貨情報続々配信中!
    メルマガでしか読めない限定情報も!

    無料メルマガ登録はコチラ