エムトレ仮想通貨・株式・FX・オプションの最新業界情報メディア

広告掲載ご希望の方はコチラ

【エボラブルアジア】地銀三行との業務提携を開始!

アジア地域でオンライン旅行事業や訪日旅行事業、 ITオフショア開発事業、投資事業を展開するエボラブルアジアは、横浜銀行四国銀行京葉銀行の地方銀行三行と、エボラブルアジアの法人向けサービスの営業強化のために、業務提携を行うことになった。

業務提携の背景

エボラブルアジアは、法人向けサービスを展開している。銀行は、法人顧客獲得ルの有効なルートである。銀行の法人ネットワークからの顧客紹介拡充を目的に、業務提携を検討してきた。そして、横浜銀行と四国銀行、京葉銀行の三行と、業務提携が実現できた。

具体的には、次の3つの法人向けサービスを提供する。

1. 三行の顧客への、国内外の航空券を一括横断検索と法人割引により出張費の削減に貢献するビジネストラベルマネジメント(BTM)サービスの紹介

2. 横浜銀行の顧客への、ベトナムのエンジニアによるラボ型開発によってIT人材の不足と人件費削減に寄与するITオフショア開発の紹介

3. 横浜銀行の顧客への、民泊事業での世界最大手のコミュニティー主導型マーケットプレイスを運営するAirbnbへの掲載の紹介

エボラブルアジアの3つの法人向けサービス

1.旅Pro-BTM

旅Pro-BTMは、国内航空会社9社の横断検索と法人割引により、各種のチケットを割引価格で購入できるため、出張コストの削減が可能となるサービス。旅Pro-BTMを導入し、クラウド環境でクライアント専用のWeb出張予約システムを利用すれば、請求が一括請求となり、仮払いや事後精算などの手間を省くことができる。
「旅Pro-BTM」の詳細

2. ITオフショア開発

ITオフショア開発は、ベトナムのホーチミン、ハノイ、ダナンにいる約700名のエンジニアが、クライアントの専属チームを組成するラボ型ITオフショア開発に特化し、エンジニア人材不足を解決するソリューション。このラボ型ITオフショア開発は、専属のチームを組成することから、クライアントごとのニーズに合わせた開発を自由に行うことが可能だ。

一方、エボラブルアジアにとってみれば、エンジニアの稼働率が約100%であり、継続してクライアントに利用してもらうことで、ストックで収益が積み上がるビジネスモデルとなっている。

3. 世界最大手のコミュニティー主導型マーケットプレイスを運営するAirbnbへの掲載

2017年5月15日に公表したように、Airbnbに掲載する特徴的な日本国内ホテル・旅館開拓を独占的に引受に関して業務提携を行った。世界最大のホームシェアリングプラットフォームを提供するAirbnbが、日本国内のユニークなホテル・旅館の予約販売サービスに本格参入するにあたり、エボラブルアジアが、特徴的な日本のホテル・旅館に対する独占的な営業活動を行う日本初のパートナーとなった。

Airbnbプラットフォームでも、主にホスト個人が掲載するお家(リスティング)を掲載していたが、今後は、ユニークなおもてなしを提供する日本国内のホテル・旅館の掲載を拡大していく。独占的にホテル・旅館の営業開拓を行い、エボラブルアジアのシステムとのAPI連携で、Airbnbプラットフォームに宿泊施設の掲載をしていく予定だ。

<辻 秀雄>

この記事に関連するキーワード

関連する記事

おすすめの記事

人気ランキング

  • 人気おすすめキーワード

  • エムトレ無料メルマガ会員募集中!
    エムトレ無料メルマガ会員募集中!

    仮想通貨情報続々配信中!
    メルマガでしか読めない限定情報も!

    無料メルマガ登録はコチラ