エムトレ仮想通貨・株式・FX・オプションの最新業界情報メディア

広告掲載ご希望の方はコチラ

【bitFlyer】bitFlyer USA, Inc.のBitLicense 取得と米国で事業開始

bitFlyerの子会社であるbitFlyer USA, Inc.は、ニューヨーク州金融サービス局が制定した BitLicenseを取得した(世界で 4 番目に取得)。これにより仮想通貨交換業者としてニューヨーク州でのサービス展開も可能となり、2017 年 11 月 28 日(アメリカ東部時間)から仮想通貨交換業を開始した。

bitFlyer USAの米国での仮想通貨交換業開始は、bitFlyerグループにとって初の海外進出案件である。日本で培った専門性や独自の技術を活かし、米国市場で、主に機関投資家に向けたサービスを提供する。米国展開及びクロスボーダー取引の開始によって、米国の機関投資家へ高い流動性を提供することができる。2017 年 11 月 29 日(日本時間)時点で、ニューヨーク州を含めて 42 州で仮想通貨交換業運営の許可を取得している。

bitFlyer USAのCOOであるBartek Ringwelski氏は、次のように語っている。
「bitFlyer USA の事業開始に伴い、近日中に日米のクロスボーダー取引が可能になります。 WEB インターフェースあるいは API を通じた高速取引により、米国の機関投資家に対して今までにない高い流動性を提供できます」

bitFlyer代表取締役兼 bitFlyer USAの最高経営責任者である加納裕三氏は、次のように語っている。
「米国で最も影響力のある金融当局の一つである NYDFS より、BitLicense を取得し、ニューヨーク州で事業を開始できることを光栄に思います」

bitFlyerの株主であるDigital Currency Group最高刑責任者のBarry Silbert氏は、こう語っている。
「加納裕三は、仮想通貨法の成立のため、当局と連携し、日本における仮想通貨市場の確立に貢献しました。bitFlyer の投資家の一人として、今日の米国進出を嬉しく思っており、米国においても同様に強固な関係を構築できることを楽しみにしています」

2018 年前半にはアルトコインの取扱いを予定

bitFlyer USA のサービスは、月間 10 万ドル以上の仮想通貨取引を行うプロトレーダー向けに設計されている。クローズドベータ提供時には、2000 人以上が参加した。取引所では指値、成行および特殊注文が可能であり、プログラムトレーダー向けにAPI も提供。クロスボーダー取引を含め、仮想通貨取引を便利に利用していただくために、随時キャンペーン及び新機能の追加を実施する予定である。2017年末まで取引手数料無料キャンペーンを実施し、2018 年前半には Litecoin、Ethereum、Ethereum Classic、Bitcoin Cash などのアルトコインの取扱いを予定している。

<辻 秀雄>

この記事に関連するキーワード

関連する記事

おすすめの記事

人気ランキング

  • 人気おすすめキーワード

  • エムトレ無料メルマガ会員募集中!
    エムトレ無料メルマガ会員募集中!

    仮想通貨情報続々配信中!
    メルマガでしか読めない限定情報も!

    無料メルマガ登録はコチラ