エムトレ仮想通貨・株式・FX・オプションの最新業界情報メディア

広告掲載ご希望の方はコチラ

【CryptoCoinsNews】26,000以上のブロックチェーンプロジェクトのうち8%のみが現在稼働

コードリポジトリのGitHubは、昨年の同プラットフォーム上で26,000以上のブロックチェーン関連のプロジェクトを確認した。しかし、ごくわずかのプロジェクトしか現在有効ではない。

デロイトは「Evolution of Blockchain Technology (ブロックチェーン技術の進化)」という報告書を公開し、同社が収集したデータによれば、2016年にGitHubで開発されたブロックチェーン関連のプロジェクトは26,885件であると述べられている。驚くべきことは、このブロックチェーン技術が注目されているにもかかわらず、わずか8%のプロジェクトしか稼働していないということである。デロイトは、プロジェクトの平均寿命が1.22年であることを発見した。

デロイトの研究者は次のように述べる:
「オープンソースプロジェクトの厳しい現実は、ほとんどが放棄されているか、大きな規模に達していないということです。 残念なことに、ブロックチェーンはこの現実の影響を受けている。」

GitHubで開発されたプロジェクトの約90%が無駄になっており、プロジェクトの開始から最初の6ヶ月以内が最も高い失敗率の期間であると報告されている。

同研究者らは、これまで分散型元帳が開発されている地理的領域についての洞察を報告している。ブロックチェーン上で開発されているほとんどのプロジェクトがサンフランシスコを中心としており、1,279人のユーザーと101の組織が実在する。次にロンドンが858人のユーザーと61の組織で2位に入る。 ニューヨークは725人のユーザーと49の組織で3位になっている。

また、同報告書は次のように述べる:
「サンフランシスコからのプロジェクトは多様であることがわかった。 取引のためのソリューションから、暗号通貨用のウォレット、異なるブロックチェーン用のインターフェイス(例:リップル、Hyperledger、およびイーサリアム)、そして暗号通貨用の支払いツールなどがある。また、中国、(特に上海と北京で)の活動のレベルが高いことは注目に値する。これらの都市でのプロジェクトのほとんどは、スケーラビリティに重点を置いて、暗号通貨および暗号通貨取引所に関するプロジェクトである。」

銀行がサービスを向上させるために動いていることから、ブロックチェーンは最近の金融世界で大きな話題になっている。 多くの銀行はすでに、ブロックチェーンを通じて、顧客と法人の間のより迅速な決済時間を提供する技術を実験している。

7月には、オーストラリアの4大銀行のうち2銀行が、大手のIBMとの商業用不動産リースの銀行保証プロセスをデジタル化するブロックチェーンの実験に成功した。クレディ・スイス社のグローバル・ソフトウェア投資銀行部門のジェームス・ディズニー氏は、分散型元帳の可能性が無限大であると述べている。未公開株式取引を終了し決済するには、20〜30日かかるが、ブロックチェーンを使用すると、これは数分に短縮できる。

出典:CryptoCoinsNews

エムトレの視点

新規プロジェクトや、新規企業は殆どがうまくいかないという定説があるが、Githubなど所謂デジタル上でのプロジェクトの場合、参加者が如何にプロジェクトの成功へ情熱を傾けられるか、継続的に参加できるかが重要となってくる。

デロイトのレポートの通り、サンフランシスコ(恐らくシリコンバレー)の参加者が多いことから、プロジェクトをMVPで作り実験してるとも考えられる。稼働している8%のプロジェクトのうちユニコーン企業にまで成功するのはそのうち10%にも満たないであろう。しかしその企業が、GoogleやAmazonのように世界を席巻する日も遠い未来のことではない。

<元彌>

この記事に関連するキーワード

関連する記事

おすすめの記事

人気ランキング

  • 人気おすすめキーワード

  • エムトレ無料メルマガ会員募集中!
    エムトレ無料メルマガ会員募集中!

    仮想通貨情報続々配信中!
    メルマガでしか読めない限定情報も!

    無料メルマガ登録はコチラ