エムトレ仮想通貨・株式・FX・オプションの最新業界情報メディア

広告掲載ご希望の方はコチラ

【株式会社インプレスホールディングス】ブロックチェーン後の未来を第一線の研究者が解説した『信用の新世紀』発行

株式会社インプレスR&Dは、『信用の新世紀』(著者:斉藤賢爾)を発行した。

インターネットと社会の研究者で、ブロックチェーンの技術的課題の解決に取り組んでいる著者が、「信用」の問題を考察し、近未来の社会や技術の変化を予見する一冊。デジタル通貨が過熱状態にあるときに、貨幣経済が衰退するという仮説を立て、社会や経済のあり方を展望するというものだ。

目次

プロローグ――貨幣経済は衰退しました
銀行が終焉を迎えた日――があったらしいと俺は知った

第1章 ブロックチェーンって何だ?

注目されるブロックチェーン
ブロックチェーンとブラウン管は似ている?
「証明」の手段としての新聞――すべてはタイムズ紙の見出しから始まった
ビットコインの「問い」と「補題」
新聞に載せる、とは?
新聞モデル
参加のインセンティブ
ハッシュレートのコストとビットコインの価格
「証明」に関わる2つの基礎技術――暗号学的ハッシュ関数
「証明」に関わる2つの基礎技術――デジタル署名
ブロックチェーンの構成要素
「ルールの記述」とスマートコントラクト

第2章「信用」の歴史――口約束から契約へ、契約からコードへ

心の理論
原始の約束
全体主義的農耕の始まり
職業人という名の奴隷
「物々交換の時代」というファンタジーと貨幣の成り立ち
活版印刷術と産業化――グーテンベルクの銀河系
デジタル技術と情報化――反転するグーテンベルクの銀河系
貨幣と信用の変化
「余白」をもつ信用のアーキテクチャーへの希望

第3章「信用」と「裏切り」――ビザンチン将軍問題をめぐって

ビザンチン将軍問題の背景
ビザンチン将軍問題とはどんな問題か
ビザンチン将軍問題を解く ─ 司令、攻撃やめるってよ
解けている? 解けていない?
コミュニケーションに潜む不可能性
人工知能とビザンチン障害

第4章 ブロックチェーンの可能性と不可能性

コミュニケーションに潜む不可能性
応用可能性が花開いた
続々と行われる実証実験――醒める狂騒
人類史に残る新しい会社の出現
地球規模オペレーティングシステム
イーサリアムの挑戦
ブロックチェーンは「現実」に見合う仕組みなのか?
見えてきた課題
ワンネスの罠
ガバナンスの不可能性と露見した問題
応用のインセンティブ不整合性
新しい基盤作りへ

第5章「信用」の新世紀 ─ 社会はどこに向かっていくのか

「貨幣経済は衰退しました」のリアリティ
貨幣と会計の変化
「貨幣」と「専門分化」と「国家」が三つ巴で衰退する
限界費用ゼロかつ専門未分化社会の衝撃
潤沢な未来と新しい狩猟採集社会
今、すべての潮流はなつかしい未来へ
エピローグ――フレンズ

著者紹介

販売ストア

電子書籍:
Amazon Kindleストア、楽天koboイーブックストア、 Apple iBookstore、紀伊國屋書店 Kinoppy、 Google Play Store、honto電子書籍ストア、 Sony Reader Store、 BookLive!、 BOOK☆WALKER

印刷書籍:
Amazon.co.jp、三省堂書店オンデマンド、 hontoネットストア、楽天ブックス

<辻 秀雄>

この記事に関連するキーワード

関連する記事

人気ランキング

  • 人気おすすめキーワード

  • エムトレ無料メルマガ会員募集中!
    エムトレ無料メルマガ会員募集中!

    仮想通貨情報続々配信中!
    メルマガでしか読めない限定情報も!

    無料メルマガ登録はコチラ