エムトレ仮想通貨・株式・FX・オプションの最新業界情報メディア

広告掲載ご希望の方はコチラ

【News Bitcoin】韓国、1月20日までに匿名での仮想通貨の取引を終了する見込み

 

韓国政府は、仮想通貨の投資家の身元確認を強制するシステムに取り組んでいる。 このシステムは、1月20日頃に導入される予定であり、匿名で仮想通貨取引ができていた現在の慣行が終了することになる。

韓国政府は、先週、仮想通貨投機を根絶する特別措置としてバーチャル通貨取引実名制度を導入することを決定したと発表した。
韓国政府は1月20日頃から、仮想通貨の取引で匿名口座の使用を禁止するシステムを開発している。

これまで、韓国の人たちは、仮想の口座を使って匿名で仮想通貨の取引することができていた。仮想の口座は銀行から仮想通貨の取引をするために割り当てられていた。しかし、規制当局は、これらの口座が「投機を広め、金融取引の透明性を妨げるためのバーチャル通貨取引口座として使用されている」と確信しているようだ。

新しい仮想の口座発行は禁止されており、主要な仮想通貨取引所はすでにこれを遵守していると、news.Bitcoin.comはこれまでに報じている。

政府はまた、「銀行がバーチャル通貨の取引に関して反マネーロンダリング義務を強化する」と発表した。これにより、金融機関は、仮想通貨の取引に関する疑わしい取引を当局に報告しなければならなくなった。銀行は「政府の緊急措置に従わない不健全な取引のための金融サービスを除外しなければならない」と、規制当局は述べている。

さらに、検察と警察は、2018年にバーチャル通貨関連犯罪を厳しく取り締まる計画を立てている。彼らは市場操作などの違法行為を調査し、担当者を逮捕するだろう、と政府は説明した。

金東泳戦略財務相は、文在寅大統領が主宰した韓国経済諮問会議で、同国の「2018年の経済政策の方向性」を発表した。それには、警察庁が違法な仮想通貨に関する活動の取り締まりを強化する計画も含まれている。

税関、検察、警察は、外国為替取引法違反の捜査を担当している。 一方、「科学技術省と通信委員会は、定期的に仮想通貨の交換をチェックしている」と、規制当局は説明した。

出典:News Bitcoin

<辻 秀雄>

この記事に関連するキーワード

関連する記事

おすすめの記事

人気ランキング

  • 人気おすすめキーワード

  • エムトレ無料メルマガ会員募集中!
    エムトレ無料メルマガ会員募集中!

    仮想通貨情報続々配信中!
    メルマガでしか読めない限定情報も!

    無料メルマガ登録はコチラ