エムトレ仮想通貨・株式・FX・オプションの最新業界情報メディア

広告掲載ご希望の方はコチラ

【News Bitcoin】韓国の労働者の31%が仮想通貨投資を行っている

調査データによれば、10人の韓国人労働者のうち約3人が、ある形で仮想通貨へ投資を行っているという。

オンライン求人ポータルサイトのSaraminは、韓国の941人のサラリーマンを対象に調査し、調査対象者の31.3%が仮想通貨に投資し、平均投資額は566万ウォン(約59万8000円、5300米ドル)であった。

調査対象の労働者のうち、44.1%が100万ウォン(約10万5700円)以下の投資で、18.3%が100万ウォンから200万ウォン(約21万1400円)の間で投資している。12.9%が1000万ウォン(約105万7000円)以上、9.8%が200万ウォン〜400万ウォン(約42万2800円)、7.8%が400万ウォンから600万ウォン(約63万4200円)を投資している。

仮想通貨への投資の理由については、54.2%の人がもっとも速くお金を稼ぐことができる方法だからと考えているのに対し、47.8%は、少額の資金を仮想通貨に投資するのは簡単だと答えている。

他の投資と同じように、勝つ人もいれば、負ける人もいる。調査対象の労働者の約80.3%が、仮想通貨の投資で利益を上げていると答え、6.4%がお金を失ったと答え、13.2%が儲けもないし、お金を失っていないと答えた。 お金を稼いだ人の21.1%が10%以上の利益を得て、19.4%が100%のリターンがあったと答えている。

韓国は特にビットコインへの投資が活発である。韓国に、世界最大の仮想通貨取引所が3つあり、世界のビットコイン取引の20%を占めている。200万人がビットコインなどのデジタル通貨を所有していると推定されている。

そして、彼らは、ビットコインの価格変動が継続することを期待して、世界的な価格に対して15%から25%のプレミアムを支払うことを喜んでいる。韓国の投資家は、これを「キムチプレミアム」と呼んでいる。

非常に多くの小規模投資家が仮想通貨の取引を行っているため、韓国の金融監督当局は取引が破綻するのではないかといった潜在的な影響を心配している。 政府は2017年の12月の初めに、6つの条件を満たしている仮想通貨取引所を利用しないのであれば、ビットコインの取引を含むデジタル通貨に関連する活動を禁止しようとする法案を準備していると述べた。

出典:News Bitcoin

<辻 秀雄>

この記事に関連するキーワード

関連する記事

人気ランキング

  • 人気おすすめキーワード

  • エムトレ無料メルマガ会員募集中!
    エムトレ無料メルマガ会員募集中!

    仮想通貨情報続々配信中!
    メルマガでしか読めない限定情報も!

    無料メルマガ登録はコチラ