エムトレ仮想通貨・株式・FX・オプションの最新業界情報メディア

広告掲載ご希望の方はコチラ

【株式会社ガイアックス】ネクスウェイと犯罪収益移転防止法に準拠したKYC/本人確認業務でAPI連携

株式会社ガイアックスと、ネクスウェイは、犯罪収益移転防止法に準拠したKYC/本人確認の業務代行で、2018年夏を目処にAPI連携を開始する。

不動産特定共同事業者や資金移動業者といったFinTech(フィンテック)事業者がスムーズにプロダクトに組み込むことができるように、身元確認業務をオンライン経由で業務代行するガイアックスの「TRUST DOCK」本人確認APIと、本人確認通知の発送・配達データの取得を自動化するネクスウェイの「本人確認・発送追跡サービス」APIと連携するわけだ。

双方のAPIを連携すれば、FinTech事業者は、法律に準拠した本人確認業務の委託でり、内部に専用システムや業務体制の構築することもなく、プロダクト連携したAPIを通して、安全で迅速な本人確認業務をワンストップでアウトソーシングできるようになる。

API型本人確認サービス「TRUST DOCK」について

ガイアックスのAPI型本人確認サービス「TRUST DOCK」では、 API経由で顧客の申請情報と身分証画像を専用システムに送れば、オンラインで本人確認の結果を返答する。これにより、サービス事業者は本人確認用の管理画面の開発や業務オペレーターが不要となり、低コストで本人確認業を行うことが可能になる。個人番号取得業務にも対応し、登記簿謄本での法人確認も含めて、APIでシステム連携ですべてきるため、個人間送金やソーシャルレンディング、クラウドファンディング等、あらゆるFinTechサービスの本人確認業務に利用できる。

ネクスウェイの「本人確認・発送追跡サービス」について

犯罪収益移転防止法で定められた非対面取引における取引時確認の方法に準拠し、本人確認通知の発送・追跡データの提供をワンストップで実施する。

1.犯収法に対応した機能を準備
・「転送不可・簡易書留」の発送対応
・「郵便追跡サービス」との連携で、配達記録を取得
2.顧客の業務システムとの自動連携
・APIでのシステム連携により本人確認通知の発送、配達記録の取得を自動化
・「郵送追跡サービス」の配達結果を顧客データに付与して返却。顧客対応の生産性を向上
3.1通~1万通まで受付可能なため、業務のピーク差による工数確保の無駄や発送遅れを防止
4.スケールメリットと独自のノウハウによりローコストで提供
5.アクティベーションコードの個別印字で『取引開始をスムーズに』を実現

<辻 秀雄>

この記事に関連するキーワード

関連する記事

人気ランキング

  • 人気おすすめキーワード

  • エムトレ無料メルマガ会員募集中!
    エムトレ無料メルマガ会員募集中!

    仮想通貨情報続々配信中!
    メルマガでしか読めない限定情報も!

    無料メルマガ登録はコチラ