エムトレ仮想通貨・株式・FX・オプションの最新業界情報メディア

広告掲載ご希望の方はコチラ

【News Bitcoin】ロボフォレックス、CFD取引にビットコインと他の3つの仮想通貨を追加

レバレッジ取引を提供している国際的なブローカーは、ビットコインと米ドルを組み合わせた商品をCFD取引に追加した。これによって、Roboforexに口座を開設しているトレーダーは、為替小売市場でもっとも人気のある取引システムであるMT4で、金融商品を取引することができるようになった。

Roboforexは、IFSC(ベリーズ国際金融サービス委員会)のライセンスを受けた金融ブローカーで、人気のあるMT4およびMT5の FX取引プラットフォームを介して、顧客にCFD取引のために利用可能な仮想通貨の数を増やした。同社のトレーダーは現在、ビットコインやダッシュ、ライトコイン、リップルのXRPを取引することができる。すべての金融商品に適用されるレバレッジは10倍に固定されている。

2017年9月に振り返ってみると、Roboforex は最初に、仮想通貨の市場からビットコインとイーサリアムを投資商品として提供していた。その取引は、Meta Traderの取引プラットフォームであるMT4とMT5、さらにR Traderで行えるようになっていた。

同社は現時点で新しい商品を追加することの理論的根拠を説明し、トレーダーの取引ポートフォリオを多様化できるようにすると述べている。CFDトレーダーは、このようなレバレッジを効かせたトレーディングだと買いでも売りでも取引ができるので、価格の変動にとくに魅力を感じているようだ。Roboforexが新しい仮想通貨をもとにした商品を導入することに決めたのは、これがデジタル通貨市場の急激な発展と結びついているからである。

Roboforexのマーケティング責任者であるDenis Golomedov氏は、次のように語っている。
「私たちは常に時間を捉え、幅広い取引商品に質の高いアクセスを提供しています。現在の状況は、トレーダーのほとんどが仮想通貨の取引をしており、そこに高い可能性を感じています。こ仮想通貨の市場は、その価格変動が非常に魅力的です。仮想通貨の市場は非常に迅速に成長し、拡大しており、ますます多くの人々が興味を持っています。この投資家の需要を満たすためには、それに対応するだけのインフラとサービスが要求されています。Roboforexはシステム的に、段階を踏んで、顧客のためにインフラやサービスを導入していきます」

出典:News Bitcoin

<辻 秀雄>

この記事に関連するキーワード

関連する記事

おすすめの記事

人気ランキング

  • 人気おすすめキーワード

  • エムトレ無料メルマガ会員募集中!
    エムトレ無料メルマガ会員募集中!

    仮想通貨情報続々配信中!
    メルマガでしか読めない限定情報も!

    無料メルマガ登録はコチラ